妊婦 口臭 対策

  1. Kirei Labo TOP
  2. 口臭対策 おすすめ情報集
  3. 妊婦の場合、口臭がキツくなるって本当?その理由と対策法

妊婦の場合、口臭がキツくなるって本当?その理由と対策法 待望の赤ちゃんができて嬉しいけれど、体調の変化そして口臭の悩みも・・・。どうすればよい?

妊婦 口臭 対策

「赤ちゃんができてうれしい!」と思う反面、体の変化により、つわりで気持ち悪くなったり極端に眠くなったりするほかに口の中が乾く、またはネバついたりしてお口の臭いにも悩まされていませんか?

実は妊娠期は「口臭」に悩む時期でもあります。

妊娠していて口臭に悩んでいる女性の方に、なぜ妊娠期に口臭がしてしまうのか、またその対策方法をご紹介します。

1.女性ホルモンの影響により口の中が乾きやすい

妊婦 口臭 対策

妊娠中口の中が酸っぱい・ 乾燥しているなど気持ち悪くて歯磨きやマウスウォッシュを使っても、口のねばねば感がとれなくて落ち着かないという話をよく聞きます。

妊娠期は、おなかにいる赤ちゃんを守りつつ栄養を与えるのと同時に出産に向けて、女性ホルモンが活発になり体の変調が大きくなります。

唾液の量も減ってくるのと同時に、不安感や緊張感などの心理的なものも影響がでてくるので、この時期は口の中が乾きやすい、ネバつき感に悩まされるわけです。

口の中が寝起きの状態のような感じで気持ち悪くなるだけでなく、唾液の減少で口の中が不衛生な状態なるので、口の中の免疫力が落ちてきます。

そのため歯肉炎にかかりやすくなり歯を磨いた際に出血をしやすく、実際約50%の妊婦さんが妊娠前に比べて出血しやすくなったと答えています。

歯ぐきが出血しやすいということは、口臭がキツくなる歯周病や虫歯にもかかりやすくなるということ。

妊娠中は特にお口のケアをしっかりする必要があります。

2.口臭をどう対策すればよい?

妊娠期は出産する病院を決めて分娩の予約をしたり、出産一時金の手続きをしたり、また会社員の方は仕事に出かけたりと外出する機会が色々とあります。

人と話す機会があるため口臭がしていると話しずらくなりますし、余計なストレスをかかえがちになり体調を崩してしまう原因にもつながってしまうので「口臭ケア」はおこないたいですよね。

そこで効果的な口臭予防法をご紹介します。

2-1:歯間ブラシやデンタルフロスを活用する

妊婦 口臭 対策

妊娠初期はつわりがあり、歯磨き粉の味で吐き気をもよおす人も結構いらっしゃいます。

その場合は水にぬらした歯ブラシで全体を磨き、そのあとに歯間ブラシやデンタルフロスで歯と歯の間を掃除すると約8割ほどの汚れがとれます。

歯ブラシを使って吐き気が出そうな場合は、ぬらしたガーゼハンカチを使って歯を磨くとよいです。

2-2:水分をこまめにとるようにする

妊婦 口臭 対策

妊娠中は汗をかきやすく、また赤ちゃんに栄養を運ぶために血流が増えたり、羊水の確保から多くの水分が必要です。

またおなかが大きくなるにつれて膀胱(ぼうこう)が圧迫されるようになり、頻尿になりやすく更に水分が外に出てしまいます。

赤ちゃんを育てる羊水はつねに新しいものに入れ替える必要があるため妊娠前に比べて水分を補給しなくてはなりません。

お口の中を清潔に保つ唾液も99%が水分。

しっかりと水分を補給するには、寝起きと寝る前、食事前に200mlほど飲みます。

食事前の水分補給は食べすぎも防いでくれるので、体重コントロールにもつながります。

その他、外出の際も水分が多くなくなるので水筒にお水を入れて補給するとよいです。

喉が乾いたら一気に飲むのではなく、20~30分ごとに水分をとるようにします。

お水だと味がしないし、飲み飽きるという方は「麦茶」がおすすめ。麦茶は妊娠期に必要なミネラルや食物繊維が豊富に含まれています。

水分は1日2L程度が理想といわれています。 時間をきめて定期的に飲むようにすると水分が体内に補給されてくると同時に、口の乾きも軽減されてきます。

2-3:ガムを噛んで唾液腺を刺激する

妊婦 口臭 対策

妊娠期は唾液腺から唾液が出ずらくなる時期。口を動かすことで唾液腺を刺激して唾液を出すにはガムなどを使います。

中でも歯科専用のキシリトールガムがおすすめ。 キシリトールは虫歯予防にも良いといわれていますよね。

特に歯科専用のガムはキシリトールを100%使っており甘味料を使っていません。また市販のガムよりも硬いので、しっかりと噛むことにつながり唾液腺をより刺激してくれます。

歯科専用のキシリトールガムは「楽天」「amazon」などの通販サイトや歯科医院で買うことができます。

2-4:薬用マウススプレーで口臭をシャットアウトする

薬用マウススプレー

マウススプレーは小型で持ち運びに便利で口の中が臭ったらシュッと吹きかければ、不快な口臭を緩和することができるのでとても便利。

特に口臭が気になって仕方がない場合は「薬用」のマウススプレーを使って口の中の細菌を除菌できるので重宝します。

その一つの例として、女性に人気のある「オーラルクリスター・ゼロ」は「硫化水素」「メチルメルカプタン(腐った玉ねぎのような臭い)」「ジメチルサルファイド(野菜が腐ったような臭い)」の悪臭を99.7%殺菌したデーターをもっており、3つの薬用成分の他に 口臭に効果的だといわれている、ドクダミ、茶エキス、トウモロコシなどの天然成分も配合した「薬用マウススプレー」。

薬用オーラクリスターゼロ

また口臭の原因となる舌の表面につく白い苔のような汚れ(舌苔<ぜったい>)の殺菌効果があるので、お口の中を清潔にしたい、口臭を抑えたいという方が購入しています。

こちらのページで薬用オーラクリスターゼロで口臭をシャットアウトした方法3つをまとめています。

矢印 薬用 オーラクリスターゼロの効果ある「3つ」の使い方

薬用オーラクリスターゼロ薬用オーラクリスターゼロはマウススプレーとして使っている方が多いですが、それプラス3つのやり方を行うと口臭の改善の効果があがります。その3つの使い方をご紹介します。

公式サイトはこちらからご覧になれます。

3.まとめ

妊娠期になぜ口の中が乾きやすく、また口臭がしてしまうのかがお分かりになったかと思います。

この時期にお口の手入れを怠ると虫歯や歯周病にかかってしまい、さらなる口臭が強くなる確率があがります。

妊婦さんの約7割の人が歯周炎にかかっているデーターも出ています。

歯周病にかかると早産や2500g以下の低体重児出産のリスクはなんと7倍になると、アメリカの研究により報告されています。

日本でも2003年に鹿児島大学で同様の調査を行った結果、歯周病と早産・切迫早産とのあいだには因果関係が認められています。

歯周病は妊娠期にはとてもこわいもの。 そうならないように、お口のケアはいつも以上に行うようにしてください。


関連記事

歯周病は早産のリスクが高い!歯周病や虫歯を予防するには?

妊婦 虫歯妊娠中、虫歯や歯肉炎になったとしても、レントゲンや薬の影響が心配だからと言って我慢している方、多いと思います。 妊婦の方は歯周病にかかると、早産や低体重児出産のリスクが高まる事をご存じですか?その理由と対策方法をご紹介しています。

歯周病は赤ちゃんに移る!お母さんのお口の状態大丈夫ですか?

赤ちゃん 歯周病 移る,歯周病 うつる 赤ちゃん成人の85%がかかっていると言われる歯周病。男性に比べて女性のほうが歯周病になりやすいという事実をご存知でしょうか?また歯周病は人に移る病気。大事な赤ちゃんを守る対策方法をご紹介。

フッ素入りの歯磨き粉を使う場合、気を付けることは?

歯磨き粉 フッ素虫歯予防や丈夫な歯のサポートを行ってくれる「フッ素」。でも間違ったオーラルケアをしているとフッ素の効果が薄れてしまうってご存知ですか? フッ素入り歯磨き粉の効果がしっかり出すように気をつけるべき事をお教えします。

【口臭】薬用 オーラクリスターゼロの効果ある「3つ」の使い方

薬用オーラクリスターゼロ薬用オーラクリスターゼロはマウススプレーとして使っている方が多いですが、それプラス3つのやり方を行うと口臭の改善の効果があがります。その3つの使い方をご紹介します。

子供用口臭対策の「チルドブレッシュ」の効果は?徹底検証!

チルドブレッシュ子供の口臭対策をどうしたら良いか、悩んでいる親御さんに、子供用口臭対策のチルドブレッシュというトローチをご存知ですか?どんな効果や成分が入っているか?実際に使った親御さんの口コミの反響をふまえて総合評価がどうなのか?わかりやすくご紹介!