歯磨き粉 フッ素

  1. Kirei Labo TOP
  2. お口に関する情報学
  3. フッ素入りの歯磨き粉を使う場合、気を付けることは?

フッ素入りの歯磨き粉を使う場合、気を付けることは?フッ素は虫歯予防の他、エナメル質を強化し、丈夫な歯を作ってくれますが、間違ったオーラルケアをしているとその効果が半減してしまいます。歯磨き粉でフッ素入りの場合、気をつけるべきポイントをご紹介!

虫歯予防に役立つとして多くの歯磨き粉には「フッ素」が入っています。

実際にフッ素入りの歯磨き粉と入っていない歯磨き粉を比べてみると、フッ素入りの歯磨き粉を使っていると20~30%も虫歯が少ない事がわかっています。

フッ素入りの歯磨き粉

参照資料:熊澤歯科クリニック

しかしそのフッ素入り歯磨き粉も、あなたが行っているちょっとした事で効果が半減してしまうって事ご存知ですか?

フッ素入り歯磨き粉の効果を持続させるために、気をつけるべき事をご紹介します。

虫歯になりやすい方、虫歯予防にフッ素入りの歯磨き粉を使っている方には必見の情報を掲載していますので是非ご覧ください。

1.歯磨き粉をつけすぎない

歯磨き粉をつけすぎない

しっかり磨けるように、歯ブラシにたっぷりと歯磨き粉をつける方が多いと思います。

市販の歯磨き粉の多くは泡立ちをさせるために合成界面活性剤(ラウリル硫酸ナトリウム)や口の中をさっぱりさせるミントなどの香料も入っています。

泡がたつと汚れがとれた感じをうけますが、早く口をゆすぎたくなるため結果磨き残しが多くなります。

歯磨きの量は大人の場合、1~2cm程度で十分。

たっぷり使う事は歯磨き粉が早くなくなってしまい、磨き残しが出るためメリットは何一つありません。

2.すすぎは少ない水で行う

口をゆすぐ

ほとんどの方は、歯を磨いた後しっかり口をゆすいでいると思いますが、それではせっかくのフッ素が水と一緒に流れ出てしまいます。

フッ素は歯磨きの後、唾液とまざることで虫歯予防の効果を発揮し続けます。

フッ素配合の歯磨き粉を使う時は、フッ素を洗い流し過ぎないよう、おちょこ1杯分の水の量でゆすぐのがベターです。

歯は食べ物や飲み物の酸や口内にいる細菌が出す酸により、口の中が酸性になり歯のミネラル成分が溶けやすい状態になります。

ミネラル不足になると虫歯にかかりやすい状態になります。

歯の表面にフッ素がついているとミネラルを溶けだしにくくするので結果、虫歯にかかりにくい歯にしてくれます。

特に就寝前の歯磨き後は、すすぎを少なくしフッ素を残すようにするのがおすすめです。

寝ている間は、細菌を洗い流す唾液の量が昼間起きている時の1/10の量まで減ってしまうので、口の中の細菌が増えやすい状態になります。

寝る前に歯をしっかり磨いても、翌朝嫌な口臭がするという方は、すすぎを少なくするとよいですね。

また歯磨き粉も味や刺激がすくないものを使うようにすると、必然的にすすぐ量も減ります。

3.マウスウォッシュは控える

マウスウォッシュ

口の中に残った汚れや清潔にするために、歯磨き後にマウスウォッシュを使っている方は結構いらっしゃると思います。

確かにマウスウォッシュを使うと口の中がさっぱりして清潔になりますが、同時にフッ素も一緒に流れてしまうため、効果がなくなってしまいます。

フッ素の効果を持続させたいと考えている方は、マウスウォッシュもフッ素入りのものがおすすめです。

ライオンから出ている「クリニカ フッ素メディカルコート」はフッ素が入ったマウスウォッシュです。

クリニカ フッ素メディカルコート

価格は普通のマウスウォッシュよりちょっと高めの1,058円(税込)ですが 水ですすぐ必要がないので、しっかりとフッ素を残すことができ、ノンアルコールなので刺激がありません。

使うほどに虫歯に負けない歯を作ってくれるので、フッ素効果を残したい方はこのようなマウスウォッシュを使うと良いです。

4.歯磨きをしたら1~2時間は飲食を控える

4.歯磨きをしたら1~2時間は飲食を控える

歯の表面にコーティングしてくれたフッ素は、少しずつ唾液とまざって虫歯にならないよう、食べ物による酸が作られるのを抑えると同時に、歯の質を強くしてくれます。

歯磨きの後に飲食をすると、その食べかすをエサに細菌が増え始めるのと同時に酸を出し、歯の表面のミネラルを溶かしていきます。

フッ素の効果が出る前に口の中は数分で酸性になってしまい、歯磨きをした意味がなくなってしまいます。

フッ素の効果を歯に残すためにも、歯磨き後1~2時間は控えた方がよいです。

5.まとめ

歯磨きをしても虫歯になってしまう方は気をつけた方がよいです。

虫歯になりやすい方は、生活習慣の見直しも大事です。 普段、砂糖の多い食品や、酸っぱい味の食品をだらだら食べる習慣があると歯の再石灰化をする時間がなく、フッ素入りの歯磨き粉で磨いてもフッ素の効果が出にくくなります。

※再石灰化とは、歯の成分のカルシウムやリン酸が細菌が出す「酸」によって溶けた後、補給を行い元の健康な歯に戻ること

歯磨きの効果をあげるためにも、4つの事を注意すると良いですね。


関連記事

歯茎が腫れてる!?すぐには病院に行けない。この時どうすれば良い?

歯茎 腫れ歯茎が腫れているけれど、仕事などですぐに病院に行けない場合もありますよね。そこで、自宅でできる歯茎の腫れを緩和するなどの応急処置方法をご紹介します。

口臭 対策は身だしなみと同じ当たり前のマナー。あなたは大丈夫?

口臭 対策口臭 対策は今や服装の身だしなみと同じ大人としてのマナーです。 特に仕事では臭いに対して厳しくなっています。 服装と同様、口臭ケアを行っていますか?していないとこんな問題が発生します。

歯磨き粉を使ってしっかり磨いても口臭が!改善する方法ある?

歯磨き粉 口臭歯磨き粉を使ってしっかり歯ブラシでブラッシングしても中々口臭が改善しないとお悩みの方に、なぜ口臭がしてしまうのか7つの原因と改善のポイントをご紹介!

歯周病は酷い口臭の元!周りの人が不快な顔したら要注意信号!

歯 周 病 口臭口の臭いがキツくなったなと思ったら要注意!それは歯周病のかかっているサインかもしれません。口臭は周りの人からしたらとても不快です。 歯周病の口臭はどんな臭いがしてしまうのか?また放置しておくとどんなリスクがあるのか?を ご説明します。

自分に合った良い歯医者を見分ける方法はここをチェックしよう!

良い歯医者 見分け方道を歩けばあちこちに歯科医院の看板を見かけますよね。とりあえず近くの歯医者に行ったけど失敗した。とがっかりした経験はありませんか?自分に合った良い歯医者の選び方をご紹介いたします。