口臭 治す

  1. Kirei Labo TOP
  2. 口臭対策 おすすめ情報集
  3. 口臭を治すよう、歯磨きしても3時間後には臭くなる。なぜなの?

口臭を治すよう、歯磨きしても3時間後には臭くなる。なぜなの? 口臭が気になる人は歯磨きの徹底化をしていると思いますがそれでも臭う場合は3つをチェック

口臭 治す

歯磨きをしっかりして口臭ケアをしているはずなのに、2~3時間後には口臭がしている・・・。

そんな悩みをお持ちの方。口臭を治すにはまず3つの原因を疑った方が良いかもしれません。

口臭の9割は、口内環境の悪化と言われています。

ではなぜあなたの口が臭くなってしまうのか?また口臭を治す方法もご紹介いたします。

1.口臭の原因となる3つを見直す

口臭を治すために、歯磨きはしっかり行っている方がほとんどだと思います。

しかしそれにもかかわらず口臭がしてしまうのには、3つの原因が考えられます。

その3大原因は

  • 1.虫歯・歯周病になっている
  • 2.磨き残しがあり、口内に細菌が繁殖して臭う
  • 3.唾液の分泌が少なくて口内が不衛生になっている

になります。

いやいやそんな事はない!

と思っている方も自分の口内を見直すことで3大口臭原因にはてはまるかもしれません。 では1つ1つ見てみてください。

1-1:虫歯・歯周病になっていないか?

虫歯・歯周病

みなさんご存知の通り、虫歯や歯周病にかかると必ずと言っていいほど口臭が生じます。

虫歯ができるとそこに食べカスた詰まりやすくなり、そこから細菌が発生し発酵・腐敗を起こすので、卵の腐った悪臭のガスを発生します。

歯周病は、細菌によって歯肉を炎症させ歯を支えている骨を溶かしてしまう病気。歯肉(歯ぐき)の炎症で出血や膿が出るようになり、血生臭いガスを発生させます。

でも自分が虫歯や歯周病になっているかどうか?実際はわからないですよね。 あなたの歯や歯肉がどのような状態なのか?を自己チェックする方法があります。

①歯の表面がくすんでいたり、または褐色になっている
➡「はい」の場合、虫歯になりはじめています。

②痛みはないけれど歯に穴が開いていたり、一部がかけている
➡「はい」の場合、初期の虫歯になっています。

③冷たい飲み物、食べ物を摂った際、歯がしみる
➡「はい」の場合、虫歯、歯肉(歯ぐき)が下がって知覚過敏になっています。

④熱い飲み物、食べ物を摂った際、しみるまたは痛みがある
➡「はい」の場合、歯肉(歯ぐき)に炎症を起こしている可能性があります。

⑤ものを噛むと痛い
➡「はい」の場合、すでに虫歯、歯周病にかかり歯の神経に強い炎症が起きている可能性があります。

⑥歯と歯の間のものがはさまる
➡「はい」の場合、歯周病にかかって歯肉(歯ぐき)がやせてしまっている可能性があります。

⑦歯肉(歯ぐき)の色が赤っぽい(濃い赤)、紫色のところがあり盛り上がってる感じがする
➡「はい」の場合、歯周病の炎症が高いです。

⑧歯みがきしていると歯茎から血が出る
➡「はい」の場合、歯周病の疑いが高いです。
※強く磨いた際にも出血はしますが、若干血がにじむ程度です。出血が続くならば歯周病の可能性が高くなります。

⑨鏡で見ると自分の歯が長くなった感じがする
➡「はい」の場合、歯周病が進行しています。

①~⑨までの項目でどれかに該当したでしょうか?

このままの状態でいた場合、厚生労働省の調査結果で50歳以降で平均して2年に1本強の歯がなくなり、60歳で歯が平均17.8本しか残らなくなり、80歳以上では4.6本とほとんど歯が無くなっているという報告が出ています。

参考資料:厚生労働省「歯の健康」より

虫歯は進行すると神経まで犯してしまうため、やがて神経は死んでしまい、そこから細菌が増えていきます。そして歯の根の先に膿が溜まるようになり、今より更に強烈な悪臭を発するようになります。

また歯周病は、進行すると歯肉(歯ぐき)がどんどん膿んでくるので、相手がすぐ気づくほどの悪臭になります。

虫歯や歯周病は、自分で治す事はできません。 さらなる悪臭を発する口臭になる前に、歯医者で診てもらうことが口臭を治す最短の方法です。

1-2:歯磨きの仕方を再チェック

歯磨きの仕方を再チェック

自己チェックで、該当はしなかったけれど口臭がする場合、磨き残しがあり、そこから細菌が繁殖している事が考えられます。

NGの歯磨きをまとめていますので、自分の歯磨きを思い出してチェックしてみてください。

1.歯ブラシを濡らして歯磨き粉をつける

歯ブラシを濡らしてしまうと、歯磨き粉がすぐに泡立ってしまい、すべての歯をきちんと磨く前に口の中がモコモコしてしまい、水ですすぎたくなる事、また磨いた気になってしまい、磨き残しの原因になります。

2.横にゴシゴシ磨いている

横に磨いていると、虫歯や歯周病になりやすい歯と歯の間、歯と歯肉(歯ぐき)の間をしっかりと磨く事ができず、結果磨いていても虫歯や歯周病にかかりやすくなります。

汚れが残っているので、そこから細菌が繁殖し、口臭の原因になります。

また力を入れて歯を磨くと、歯磨き粉の多くは、汚れを落とす研磨剤がはいっているため、歯の表面にあるエナメル質を傷つけてしまい、知覚過敏や虫歯にかかりやすくなります。

3.磨くコースを設定していない

歯磨きはしているとは言え、磨く順番を設定しないと磨き残しは必ず起きます。

左の奥歯から順番に、右の奥歯の内側から順番にと磨くコースを設定すると、歯の磨き忘れが少なくなります。

同時に、奥歯の奥、歯と歯の間、前歯の裏側は磨きずらい箇所です。鏡で自分の歯の形状を見ると、どう磨けば良いかがわかります。 磨きづらい箇所は、他の歯より念入りにブラシを小刻みに動かして汚れをとってください。

4.毛先が広がった歯ブラシを使っている

いくら毎日歯を磨いていると言っても、毛先が広がっている歯ブラシを使っているのであれば、歯磨きの意味がありません。

広がっていない歯ブラシと比較すると、歯垢(プラーク)の除去率が40%も落ちてしまう調査結果も出ています。

また歯ブラシの保管方法も間違えていると、口内に細菌が入り込んでしまうリスクが高くなります。

例えば

  • ・毛先を下にしてコップに入れている
  • ・風呂場に歯ブラシを保管している
  • ・1つのコップに複数の歯ブラシが入っている

毛先を下にしていたり、湿気の多い風呂場に歯ブラシを補完していると雑菌が繁殖しやすく、また複数の歯ブラシを入れていると、ブラシが触れ合って菌が感染する可能性があります。

歯ブラシは磨いた後、流水でしっかりと洗い、風とおしの良い場所でブラシの毛先を上に立てて保管します。

歯ブラシはできれば単独保管が望ましいですが、できない場合は仕切りなどのある保管ケースを使うと良いです。 このようなタイプを使って見ると場所もとらず、歯ブラシも衛生的です。

歯ブラシケース

歯ブラシの交換時期は、ブラシの広がり、衛生面から考えると1か月程度で変えたほうが良いですね。

5.歯ブラシだけでは汚れが落ちにくい

歯磨きの場合、ほとんどが歯ブラシのみの方が多いと思います。

しかし歯ブラシのみでは、汚れがすべて取り除けることができない事をご存知でしょうか?

株式会社ライオンの調査で、「自分の歯磨きに自信がある」と自己申告をした20~70代の男女100人の口内の歯垢(プラーク)の付着状態を調べたところ、約8割の人が磨き残しがある結果が出ています。

歯の磨き残し調査

歯と歯の間の歯垢(プラーク)は60%程度しか汚れがとれません。

歯間の歯垢除去率

自分では歯をしっかり磨いたつもりでも、いかに磨き残しがあるか、おわかりいただけたかと思います。

対策方法は、2.口臭を治す方法でご説明いたします。

5.舌が白くなっている

歯磨きをして、口内がキレイになっているとは限りません。

それは舌の汚れ。鏡でご自分の舌をみた際に、白い苔みたいなものついていますか?

それは舌苔と言って、細菌のかたまりです。

舌苔

いびきや口呼吸をしている方は舌苔がつきやすく、この舌苔が溜まり続けると口臭の原因になります。 舌苔がついている方は、「舌が臭いとお悩みの方、それは口腔内が不衛生の状態!解決策は?」リンクの記事で対処法をご紹介しています。

舌が臭いとお悩みの方、それは口腔内が不衛生の状態!解決策は?

舌 臭い舌が臭いということは、口の中が不衛生の状態になっており、口臭や歯周病にもつながります。 なぜ舌が臭くなるのか?その原因を知ることで改善方法も見えてきますので、舌が臭いとお悩みの方は是非ご覧ください。

1-3:唾液がしっかり出ているか?

唾液の分泌が少ない

唾液の分泌が少ないことも口臭の原因の3大要因。

最近口が乾きやすい、朝起きた時に口や喉がカラカラ、またはネバついている・・・。の場合は、唾液が少ない可能性が高いです。

「昨晩、エアコンつけっぱなしだったし。」

「空気が乾燥しているからでしょ。」

だから口の中が乾くんじゃないの?と考えがちですが、口の中の乾燥は空気の乾燥とはあまり関係がありません。

唾液がしっかり出ていれば口内が乾くという事がないからです。

唾液が少なくなる理由は

1.口呼吸

口で呼吸すると、口内の粘膜が乾き唾液の分泌が少なくなります。

特にいびきをかいている方、前歯などの歯並びが悪い、口輪筋の衰えなどにより口呼吸になりやすいです。

口輪筋とは、口の周りを囲んでいる筋肉。口を閉じたり、開いたりする時にこの筋肉が使われます。

口輪筋が衰えているかどうか?確認する方法は、500mlのペットボトルに100cc程度(普通サイズのコップの半分くらい)の水を入れて、歯を使わず唇の力のみで咥えて、下を向いたまま10秒間続けられない場合、口輪筋が衰えています。

この口呼吸を改善しないと、口臭が中々改善できません。

2.喫煙、アルコール、コーヒーをよく飲む

タバコは口で煙を吸い込むので口内が乾燥しやすいのと、ニコチン、タールは唾液の分泌を悪くし、口臭の原因になります。

またアルコールやコーヒーには利尿作用の成分が入っているため、体から水分が出てしまうので、唾液を作る水分が足りなくなってしまいます。

特に寝る前の喫煙、お酒、コーヒーは要注意。

寝ている間は、口を動かす動作が少なくなり唾液の分泌は、1/10まで量が減ります。

喫煙、お酒、コーヒーを飲みすぎる習慣があると、口内が乾燥し、やがてドライマウスへと進行していきます。

3.ストレス

仕事や人間関係のストレスが続くと、緊張状態の交感神経がONの状態が続きます。

体がリラックスできる状況が少なくなるため、体の免疫力が落ちるとともに、唾液の分泌がしにくくなります。

いつも気持ちに余裕がない、はりつめている方は口内が乾燥しやすい状態になります。

2.口臭を治す方法

口臭の3大要因をご説明しました。

そのうちどれかに当てはまる方がいるのではないでしょうか。

そうは言っても、口臭は自分だけでなく周りの人まで巻き込んでしまう厄介なもの。

私たちの鼻の嗅覚は、目や口などの器官に比べて、一度ニオイを覚えると記憶に強く結びつきやすいため、口臭の臭いは、その人の嫌な印象を与え続けることにつながります。

またスメルハラスメント(スメハラ)も社会問題になってきているので、口臭ケアをしっかり行って、周りの人を不快にさせないための気配りも必要になっています。

では、ここからは口臭を治す方法をご紹介したいと思います。

2-1:正しい磨き方をマスターする

口臭を治す基本は歯磨き。

でも正しい磨き方をしないと先ほど説明したように磨き残しがあり、口臭につながってしまいます。

特に歳をとるにしたがい、歯を支える歯槽骨(しそうこつ)が老化していき、歯垢(プラーク)によって歯肉(歯ぐき)の炎症のリスクが高くなります。

磨き残しがない磨き方は、歯を1~2本ごとに細かく、30回ほど振動させるように動かしていきます。

歯科衛生士さんから教わった方法で、力を入れず細かく丁寧に1本1本磨くようにブラッシングします。

力を入れがちの人は、ペンを握るように歯ブラシを持つと無駄な力が入らず、動きがコントロールしやすいです。

歯ブラシの持ち方

歯を磨く順番も決める事も重要。

あちこちバラバラに磨くと磨き残しの原因になります。 右の奥歯から順番にとコースを決めて磨いてください。

歯と歯肉(歯ぐき)の間を磨く際は、斜め45度に歯ブラシを当てて、左右小刻みに動かしていきます。

歯の磨き方

慣れない内は、15~20分程度かかりますが、徐々にコツを覚えてくると10分程度になっていきます。

時間が長いと思う方も多くいるでしょうが、歯をしっかり磨けてくると口内のさっぱり感が断然違います。

1日1回、特に夜寝る前に行うだけでも大丈夫と歯科衛生士さんが言っていましたので、丁寧に歯を磨いてください。

2-2:唾液を出す

口臭を治す意味で唾液の分泌はとても大事です。

唾液の成分には、細菌の繁殖を抑えて感染をふせぐ「リゾチーム」や「ラクトフェリン」が含まれています。

唾液が少ないと、この作用が働かず細菌が増えて口臭が強くなったり、虫歯や歯周病の原因につながります。

口呼吸の方におすすめの口体操

口呼吸の方は口を閉じた時に舌先が上あごについておらず、舌が宙に浮いていたり、下の歯についている状態です。

舌先が上あごについていると口呼吸ができないので、必然的に鼻呼吸に切り替えることができます。

その舌の筋肉を鍛えるには「あいうべ体操」。

あいうべ体操

みらいクリニックの今井院長が考案した体操で、

  • ・「あー」 のどの奥が見えるまで口を大きく開く
  • ・「いー」 首筋が浮き出るぐらい、口を大きく横に広げる。
  • ・「うー」 唇をとがらせて口を前につきだす
  • ・「べー」 舌を思い切り突き出して下に伸ばす

これを1日30セット行います。 30セットまとめて行うわけではなく、2~3回にわけても大丈夫です。

舌の筋肉を鍛えることで、舌が下あごに乗り、その重みで下あごが下がり口が自然を開くのを防いてくれます。

ストレスが溜まっている方にはツボマッサージ

ストレスは自律神経の働きを乱してしまい、体の不調や口内の乾燥をまねいてしまいます。

ストレスは人によって様々な原因がありますが、こまめに緊張をほぐしてあげる事で軽減することができます。

①神門(しんもん)

神門(しんもん)

このツボは心臓の経路を刺激するところとも言われており、ストレスを軽減するのと同時に自律神経を整え緊張をほぐす作用があります。

他にも不眠や便秘でお悩みの方にもおすすめのツボです。

親指を神門にあて、残りの指は手首をつかみます。ちょっと痛いなと思う強さで、息をゆっくり吐きながら4秒間程押して、息を4秒程吸いながらゆっくりと離します。

②外関(がいかん)

外関(がいかん)

ここは神経の乱れを整えてくれるツボ。

外観の場所は手首をそらした時にできるシワの部分に反対側の手の人差し指、中指、薬指の3本を添えたところの、腕の真ん中あたり。押して気持ち良いところが外関になります。

ここも息をゆっくり吐きながら、人差し指と中指で4秒間程押して、息を4秒程吸いながらゆっくりと離します。

神門(しんもん)外関(がいかん)は、心を落ち着かせるツボと言われており、 ストレスで体が疲れている時に少し時間をとってツボをマッサージすると副交感神経をアップし、リラックス効果があります。

③唾液腺を刺激するマッサージ

もう一つ今度は、自律神経を整える他に唾液腺を刺激するマッサージもご紹介します。

マッサージする場所は、耳の下の奥歯の位置。

耳下腺

ここは耳下腺という唾液が分泌される唾液腺があり、サラサラとした唾液を出すところです。 ここを指でやさしくマッサージすると質の良い唾液の分泌が促されます。

2-3:口を潤す成分「ポリグルタミン酸」を摂る

口の中が乾きやすいと悩んでいる人は、あなた以外にも実に20~60歳代のうち、約2,400万人もいる事がLION(ライオン)の調査でわかっています。

それにより企業でも唾液分泌に関する様々な研究が行われ、現在では「ポリグルタミン酸」が持続的に唾液を分泌してくれることがわかっています。

ポリグルタミン酸とは、納豆のネバネバの主成分で、アミノ酸の1つで旨味成分のグルタミン酸が鎖のように結合した天然のアミノ酸ポリマーです。

非常に分解されにくいので肌や粘膜に膜を作ってガードをして、外からの細菌から守るのと同時に水分の蒸発を防ぐ保水機能がヒアルロン酸の10倍あります。

保湿とバリア成分があることから、様々なスキンケア商品が生まれましたが、 このポリグルタミン酸の優れたバリアと保湿性に着目して、口腔内の乾燥にどうなのか?研究を更にすすめたところ、「唾液分泌促進作用」があるのが解明され、 今後はドライマウス対策や介護用食品などの用途に期待されている成分です。

そのポリグルタミン酸は納豆でも摂ることが可能です。

しかし、口を潤すからと言って食べすぎはNG。 納豆のカロリーは1パック50gで約100カロリー程度あり、白米50g 84カロリーよりも高く、食べすぎると下痢や嘔吐、腹痛が起こる場合があります。

また納豆独特の臭いや味が嫌いな方もいますよね。

あと食べた後の唇と納豆の間の糸を引く感覚が不快な方は、いくらポリグルタミン酸はいいと言っても、諦めざるを得ない状況になります。

実はサプリでもポリグルタミン酸を摂ることが可能です。

ポリグルタミン酸はカルシウムの吸収率が高いため、マルチミネラル系のサプリにも使われており、 口臭用のサプリ業界でも、口臭の原因が乾燥による人が増えたことにより、このポリグルタミン酸を使った商品が徐々に発売されていますが、全体的には少ないのが現状です。

その理由は、ポリグルタミン酸の価格が高いということ。

ポリグルタミン酸は、納豆のネバネバ成分に含まれているとお話ししましたが、その量は納豆100g(小分け納豆2パック分)に対して0.3g程度しかとれず、希少な成分だからです。

口内が乾燥しがちの方は、サプリの栄養の力を借りて見るのも1つの手です。

口の中を潤すポリグルタミン酸と同時に消臭成分のはいったもの、例えば消臭成分のポリフェノールなどがあると、唾液分泌促進+口臭改善の2つをサポートしてくれます。

私自身も口内が乾燥しやすく、色々なサプリを使ってみた結果、今は「うる藍バリア」を使っています。

うる藍バリア

選んだ理由は

  • ・タブレット型のサプリより顆粒系があっていること
  • ・唾液の分泌が即効で感じられる
  • ・口の中がスーッとして気持ちよくなること

で今現在も飲み続けています。

口コミ情報でも、

口コミ口の中をスッキリさせるのと同時に食物繊維やミネラル入っているので、食生活もサポートしてくれる
口コミ個包装なので持ち運びしやすく口内が乾いた時にさっと飲めて、唾液がじゅわっと出てくる
口コミ朝起きて飲むと口の中が潤ってネバネバ感が消える
口コミマウスウォッシュのように刺激が強くないのに口臭予防として使えるので便利
口コミ美味しく続けられて自然と唾液も分泌されてよかったと感じています。

口コミサイトを見ると、うる藍バリアは女性の方が買っているサプリのようです。

「うる藍バリアを使った効果と口コミ・評判も入れて総合評価の結果!」リンクの記事が参考になると思いますので、詳しくはこちらをご覧ください。

うる藍バリアを使った効果と口コミ・評判も入れて総合評価の結果!リンク

うる藍バリアうる藍バリアは実際に使用したレビューの効果や、口コミ・評判から、どのような人におすすめなのか?またどんな成分が入っているか?副作用はどうなのか?知りたい情報をまとめてご紹介します!

3.まとめ

口臭を治すポイントは

・歯周病や虫歯になっているか確認

・正しい歯磨きを行う

・唾液の分泌を促す

この3つが大きく関係しています。 口臭の原因は9割が口の中です。

正しい歯磨き、唾液の分泌がしっかりあれば口臭に悩む事がなくなりますので今からでも実践してみてはいかがでしょうか。


参考資料

NIKKEI STYLE 正しい歯磨きの効果

NIKKEI Gooday 「あいうべ体操」で舌筋を鍛えて舌と顔のたるみをとろう!

スキンケア大学


関連記事

口が乾くと口臭だけでなく病気になりやすい事実ご存知?

口 乾く口をしばらく開けても平気な方、実は唾液の分泌の老化が始まっているって事ご存知?口が乾くとどんな病気にかかりやすいのか?また口の乾きを改善する方法もご紹介します。

いびきを止めたい!解消したい方にコエンザイムQ10は良い?

いびき 止める,いびき 解消いびきがうるさい!と家族に言われた方。いびきをなんとかしたいけど方法がわからないとお悩みの方に、コエンザイムQ10を活用してみてはいかがでしょうか?コエンザイムQ10の活用のメリットをわかりやすくご紹介します。

口臭予防は、しっかり唾液を増やすのが一番の近道!その口臭対策は?

唾液 口臭口の中が気になって歯磨きをしっかりしているけど、中々口臭が改善されない。そんな悩みをお持ちの方、良い唾液が分泌していないと中々改善されない場合もあります。唾液と口臭の関係をわかりやすくご説明します。

薬用オーラクリスターゼロを使った歯周病予防の活用法

薬用オーラクリスターゼロ歯周病が気になる方に薬用オーラクリスターゼロを使った歯周病予防のケアの方法をご紹介!歯ブラシだけでは不安な方は必見!実際にやってみて効果があがった方法です!

唾液がなんだか「しょっぱい」と感じる。もしかして病気なの?

唾液 しょっぱい特に何か食べたわけでもないのに、口の中または唾液がなんだかしょっぱいと感じる方。 もしかして何かの病気?と不安な方に唾液がしょっぱいと感じる原因をご紹介します。