ダイエット 口臭

  1. Kirei Labo TOP
  2. 口臭対策 おすすめ情報集
  3. ダイエットをしたら口臭が!その原因はこれが不足しているから!

ダイエットをしたら口臭が!その原因はこれが不足しているから!一生懸命やせようとしてダイエットしていたら、口臭い、口の中が酸っぱい、しょっぱいと不快感がある方は要注意!

ダイエット 口臭

炭水化物を減らしたり、食事の量を減らしてダイエットをおこなっていたら口臭や口の中が酸っぱい、しょっぱいと感じるようになってしまった方。

そのままダイエットを続けるとますます口臭がキツくなる他に、肌が乾燥してきてしわしわになったり、代謝が悪くなってむくみや痩せにくい体質になってしまう事にもつながります。

せっかくダイエットで頑張っているのに、口臭なんて・・・。

とお悩みの方に、ダイエットと口臭の関係と対策をご紹介します。

1.ダイエットと口臭の関係

ダイエットをしている多くの方は、食事の量を減らしていますよね。

早く痩せたい気持ちはわかりますが、カロリーを気にし過ぎてダイエットを行うと痩せにくくなる他、キツい口臭の原因につながります。

その理由を順を追ってご説明します。

1-1:唾液の分泌が減る

唾液が一番出る時は、ものを食べて噛んでいるとき。

唾液の働きは、単に食べ物を飲み込みやすくするだけではありません。

絶えず分泌されることで、口の中の汚れや細菌を洗い流したり、殺菌成分のリゾチームにより清潔な状態にし、口の臭いを防いでくれます。

食事制限のダイエットは、必然的に食べものを口にしなくなるので唾液の分泌が少なくなります。

それにより口内が不衛生な状態になって細菌が増え始めVSC(揮発性硫黄化合物)が発生するので口の中が臭ってきます。

ダイエット 口臭

1-2:空腹により膵液(すいえき)が分解されて口臭い状態になる

グ~ッと鳴ってお腹が空いてもダイエット中は我慢しますよね。

胃は空になると、胃の中に残っている食べ物のカスや古い粘膜をそぎ落とし、きれいに掃除して次の食べ物を取り入れてもOKなように、消化液の膵液(すいえき)を出す準備をし始め動きが活発になります。

しかし、待てども食べ物がやってこないため、消化液の膵液(すいえき)が分解されるだけになります。

膵液(すいえき)が分解される際ガスが発生し、そのガスが血液に取り込まれて呼気として吐き出され、これが口臭の原因になるわけです。

ダイエット 口臭

1-3:便秘になり腸内環境が悪化する

ダイエットにより食べ物が少なくなるので、当然食物繊維が不足がちになり便秘をまねきます。

毎日、生野菜を食べていても便秘になっていませんか?

実はレタスやトマト、きゅうりなどは食物繊維がそれほど多くありません。

ダイエット 口臭

  • 野菜100g中
  • トマト(大きめのもの約半分)1g  
  • きゅうり(約1本) 1.1g
  • レタス (約3~4枚) 1.1g

食材の目安量 - レシピ大百科 - 味の素から計算

また脂質(油)のある食べ物は太るからとりたがらないですよね。

脂質(油)は腸を穏やかに刺激をし、便を出すぜんどう運動を促すと同時に潤滑油になってくれます。それが不足すると便が腸内にたまりやすくなり便秘になる可能性が高くなります。

便秘になれば当然、おならが臭くなるだけでなく、腸内の臭いガスが血液に溶け込んで呼気として排出されるので、おなら臭い口臭につながります。

また吹き出物や肌荒れにも悩まされるようになります。

1-4:ケトン体が作られ口臭や体臭が更に強くなる

ダイエットの際、一番量を減らすのが「炭水化物」。 お米やパンなど食べない方が多いのではないでしょうか。

炭水化物

炭水化物は、体内で糖に変わりエネルギーとして使われるのですが、その炭水化物が体内に入らない事で、体の脂肪が燃焼しはじめると同時にケトン体が増え始めます。

ケトン体は不足した糖のかわりの非常用エネルギーであり、このエネルギーを使う事でダイエットが期待できますが、ケトン体には甘酸っぱい腐った臭いを発するので、それが血液中に交じり皮膚や呼気から臭いが出てしまいます。

ダイエットによる口臭は徐々に発生するので、自分では気づきにくい傾向があります。

その理由は嗅覚。

嗅覚は順応しやすいので自分の臭いに慣れてしまって気づきにくいのです。

ちなみにダイエットによる口臭は、かなり不快に感じてしまうほど悪臭です。

1-5:ダイエットをやめても口臭や体臭が続くこともある

ダイエットで口臭や体臭に気づき止めたとしても、過度な食事制限のダイエットを行った場合、体の代謝がうまくいっていないため、口臭、体臭は残りダイエットが終わってもこの臭いは残ってしまうことがあります。

ダイエット 口臭

2.ダイエット時の口臭対策をどう行えば良いか?

ダイエットをして痩せたい、体重を減らしたい。 でも口臭や体臭に悩まされたくない。

どのようにしてダイエットをすれば良いか、悩んでしまいますよね。

ここからは、どのようにしてダイエットをすれば良いかをお教えします。

2-1:糖質を極端に減らさない

糖質はエネルギー源であり、不可欠な栄養素です。

まるっきり糖質をとらないでダイエットをするのではなく、1日 80~120gの糖質(茶碗一杯より少しだけ少ない量)をとるようにしましょう。

量がもう少し食べたいけど、糖質は抑えたい方は、白いご飯から玄米にしてみるのもおすすめです。

100gあたり 白米は糖質量36.8に対し、玄米は35の量です。

ケトン臭による口臭、体臭は糖質不足が原因です。極端にカットはしないようにしましょう。

2-2:摂取カロリーは減らさない

食事制限を伴うダイエットはカロリーを気にする方が多い傾向があります。

ダイエットをする際には摂取カロリーを減らしすぎてしまうと栄養失調を起こしてしまう危険性があります。

一日に必要なエネルギーをきちんと摂るようにし、ご飯やパンなど減らした炭水化物のカロリー分を野菜や魚、乳製品、肉など、必ず他の食品で補ってください。

カロリーはある程度摂った方が、逆にダイエットに成功しやすく、キレイな体を作ることも出来ます。

心身のストレスが少なく、またダイエットも続けやすいので結果的に成功しやすくなります。 無理な食事制限のダイエットはドカ食い、リバウンドの元になります。

2-3:よく噛んで唾液分泌を促す

過度な食事制限のダイエットは唾液の分泌が少なくなりがちです。

食事の際は、よく噛んで下さい。

噛むことによって唾液線(だえきせん)が刺激され、唾液の分泌が増えます。 つまり、噛めば噛むほど唾液が分泌されます。

またよく噛む事は結果、ダイエットにもつながります。

医学的にも確認されている事として噛むことによって脳からヒスタミンという物質が分泌されることが関係しています。

このヒスタミンは、満腹中枢を刺激することで、お腹に満足感をえながら食欲を抑えることができることが噛むことによって起こります。暴食を防ぐことができますので、是非実践してください。

2-4:唾液が分泌される梅干しや昆布を摂る

梅干しや昆布はクエン酸を多く含みます。

クエン酸が口臭対策として有効である理由として

  • 「唾液の分泌量を増加促進すること」
  • 「口内の細菌の繁殖を抑制する殺菌作用があること」

といったことが挙げられます。

また昆布にはアルギン酸という成分が多く含まれていて、口の中が乾くのを抑制してくれる効果があるとされています

。口内の唾液による保湿が保たれていれば、唾液によって悪臭成分の発生が抑えられて口臭対策になるというわけです。 同様に、するめも咀嚼(そしゃく)により唾液分泌に効果があります。

2-5:亜鉛やミネラルなど栄養素をしっかりとる

効率よく痩せるためには、エネルギーを作り出す栄養素をしっかり摂取しないと、いくら食事の量を減らしても、体が蓄えようとするので痩せにくくなります。

以下の栄養素はとても重要。

  • ・鉄分
    体の細胞がエネルギーを生み出すと同時に代謝を促すための必須の栄養素です。肌や骨、血管などを作るコラーゲンを作るために必要なため、不足すると肌荒れや貧血など体の不調をきたしてしまいます。
  • ・ビタミンB群
    こちらもエネルギーを作るのにかかせない栄養素。皮膚や粘膜の保護に役立ってくれます。 ビタミンB群を摂らずにいると、集中力の低下や乳酸などの疲労物質がたまり疲れやすくなります。
  • ・たんぱく質
    筋肉や皮膚、内臓、歯や骨、髪の毛など体のあらゆる箇所に必要な栄養素です。 コラーゲンもタンパク質から作られます。
    ダイエットで低カロリーな食事ばかり続けていると代謝が落ちてしまい、かえって太りやすくなり痩せにくい体質になります。 また肌のハリをキープするエラスチンの働きが落ちるので、シワやたるみの原因につながりやすくなります。
  • ・亜鉛、カルシウム等のミネラル
    私たちの体を支える歯や骨を作る作用を持っています。また老化の予防や代謝の促進など体の土台を支える栄養素。
    不足すると抜け毛や爪のひび割れ、またイライラ感など精神状態にも影響を与えます。 またホルモンバランスも崩れるので生理不順も起こりやすくなります。

ダイエット中の口臭を防いで、キレイに痩せるためには様々な栄養素が必要という事がご理解いただけたかと思います。

3:でも実際が必要な栄養素を摂る事は難しい。そんな場合は?

栄養学を知っていれば食事の管理がしっかりできますが、実際にはとても難しいです。

ましてダイエットは、すんなりと痩せる事が難しいのでストレスも溜まりがちになり、結果を早く出そうと、さらなる食事制限に走りがちになります。

毎日、必要な栄養素全てとれないと悩んでいる方は、不足分の栄養素をサプリで摂る方法もあります。

ダイエットサプリは様々なものがありますが、食べたカロリーの吸収を抑えたり、脂肪を消費させるものよりも、ビタミンやミネラル、腸内と整える乳酸菌など体に必要なものが入っていた方が、キレイに痩せる事が可能です。

せっかく痩せても、肌がガサガサに荒れていたり、しわやたるみ、体臭や口臭がしてしまったら元も子もありません。

また知らないサプリ会社から購入するのも、ちゃんと成分が入っているのか?不安もありますよね。

そのような場合なら、湘南美容外科と共同開発したサプリを使ってみるのも手かもしれません。

豊富な経験と実績を持つ専門家が集まり、年間65万人のお客様の声をダイレクトに反映させ商品開発を行っています。

ビタミン、ミネラル、乳酸菌をはじめ、吹き出物、日焼けの炎症や肌のターンオーバーを促進させると言われるプラセンタを一定期間、熟成発酵させた「発酵プラセンタ」を使用しています。

プラセンタを発酵させることで、通常のプラセンタより1.7倍も吸収率をアップさせ、肌のハリを促進させてエイジングケアをサポートします。

プラセンタ

プラセンタを使っているサプリは数多くありますが、湘南美容外科と共同開発したサプリは厳しく衛生管理された鹿児島産の豚の胎盤を100%使用し、厚生労働省の外郭財団法人の「プラセンタ食品品質規格基準」をクリアしています。

その他に、老化の原因になる活性酸素の増加を防ぎ、肌老化の進行を抑制するだけでなく、肌細胞のエネルギー生産を高める働きをサポートするコエンザイムQ10も入っています。

体に必要な栄養素によって体の代謝を上げる事で、健康的で美しくなる目的のサプリです。

単に痩せれば美しくなれるわけではありません。

体にきちんとした栄養素がないと、肌や髪など外面にあらわれる他に、口や体の臭いにも悩む元になります。

美しさの秘訣は体の内側が重要。

つまりインナービューティーダイエットです。

インナービューティーダイエットで一番大切なことは、体に必要な栄養をしっかり補給すること。 その栄養素が中々とれない場合は、サプリで補う事も賢いダイエット方法になります。

湘南美容外科と共同開発したサプリ「うるおい女神マルチプラセンタ」は270万本売れており、現在、モニターコースを行っていて先着300名様に半額で提供しています。

うるおい女神マルチプラセンタ

実際に使った意見も公式サイトで掲載していますので、健康的でキレイになりたい方は一度ご覧になると良いと思います。


関連記事

若い人に増えている【スマホ型口臭】とは?

スマホ型口臭,口臭 スマホゲーム、SNS、検索など便利なのがスマートフォン。実は、スマートフォンを長い時間いじっていると【口臭】になりやすい事ご存じでしょうか?スマホが口臭を強くしてしまうのか原因と改善方法をご紹介します。

口臭は、おじさんだけではない!女性こそ口臭に注意という事実!

口臭 消す すぐ相手を一瞬にして不快な思いにさせる口臭。 「隣に座っているおじさんの息が臭い」など口臭=おじさんというイメージを持っている人は多いのでしょうけれども、実は女性の方が口臭に気を付けなくてはならない理由があります。その理由を説明します。

便秘と口臭は関係している!便秘が原因の口臭の特徴と対策方法

口臭 消す すぐ便秘の時は、お腹にガスがたまっている感じや、お腹が張って苦しいと不快感があります。 その上に口臭まで!とお悩みの方に、便秘と口臭の関係と対策方法をご紹介します。

若い人ほどドライマウスの症状が!あなたは大丈夫?

口臭 効果10代、20代の男女の3/2がドライマウスになっている?ドライマウスになるとどうなるの?その原因と対策をお教えします。

マウスウォッシュを正しく使っていますか?効果的な使い方をお教えします

マウスウォッシュ 使い方マウスウォッシュは虫歯や口臭予防のために使用している方が多いと思います。しかし、そのマウスウォッシュ正しい使い方をしていますか?正しいマウスウォッシュの使い方をご説明いたします。