知覚過敏 歯磨き粉

  1. Kirei Labo TOP
  2. お口に関する情報学
  3. 歯を大事にする人ほど知覚過敏になる落とし穴とは?

歯を大事にする人ほど知覚過敏になる落とし穴とは?歯をきちんとケアしているのに、歯がいたくなる!知覚過敏になってしまう原因をご紹介!

知覚過敏 歯磨き粉

歯 知覚過敏冷たいものや酸味の強いものを口に入れた際に、キーンと歯がしみる知覚過敏。今や約1800万人もの日本人がこの知覚過敏に悩んでいると言われています。

知覚過敏は歯のエナメル質が傷つき、象牙質が露出することで起こります。象牙質に直接刺激が伝わると、それが神経まで届いて歯がしみるというメカニズムです。

歯は気を付けているのに、なぜ知覚過敏になってしまうの? その理由をご説明しましょう

理由:間違った歯磨き方法を行っているから

噛み合せの悪さ、歯ぎしりのクセ、歯周病など、知覚過敏の原因は様々。

でも実は、最も大きな原因は間違った歯磨きにあると言われます。

毎日いくら念入りに歯磨きをしていたとしても、その方法が間違っていれば、知覚過敏になる可能性大。

実は、普段から歯を大事にしている人ほど、知覚過敏になりやすいという落とし穴があったのです。

1.力を入れて磨く

「歯はゴシゴシ磨く方が気持ちいい」という人もいるでしょうが、力任せに磨くとエナメル質を傷つけてしまいます。歯ブラシは軽く当てる程度にし、小刻みに磨くことが重要です。

気をつけていても「どうしても力を入れて磨いてしまう」という人は、柔らかめの歯ブラシに替えてしまった方がいいかもしれません。

2.歯磨き粉を大量につける

市販の歯磨き粉は、歯の表面をキレイに磨く研磨剤が配合されたものがほとんどです。

そのため、大量につけて歯を磨くとエナメル質を傷つける要因になります。

「歯磨き粉は多い方がキレイになる」というのは実は嘘で、歯磨き粉は少しだけつけるのがベストなのです。

3.食後すぐの歯磨き

最近になって、食後すぐの歯磨きはよくないことが分かってきました。

食べ物が持つ酸や糖分は歯のエナメル質を一時的に弱めるため、食事の後にすぐ歯を磨くと、歯の再石灰化の前にエナメル質を洗い取ってしまうのです。

それを防ぐには、少なくとも食後30分は歯磨きを控える必要があると言います。

ちなみに、歯にとって一番いい習慣は、食べる前に歯を磨くことだという歯科医も。食後はノンアルコールの洗口液で口をゆすぐだけで大丈夫なのだそうです。

知覚過敏を防ぐ歯磨きの方法は?

使用する「歯ブラシ・歯磨き粉」をしっかり選ぶ

毛先が硬い歯ブラシを毎日使用し、力任せに歯磨きをしているとエナメル質、歯肉を傷つける可能性がありますので、力強く歯磨きをするクセがある方は特に、毛先が柔らかめの歯ブラシを使用することをオススメします。

歯ブラシは、5~10mmくらいに小刻みに動かしながら、軽い力で磨くようにします。露出した歯根の表面についたプラークを丁寧に落とすよう心がけてください。

すすぐ際は、冷たい水ではなく、ぬるま湯ですすぎましょう。

また市販されているほとんどの歯磨き粉には「研磨剤(歯磨剤)」が配合されており、テレビCMのように大量につけて歯磨きをしていると徐々にエナメル質を傷つけてしまい知覚過敏の原因となることもあるので、歯磨き粉は少量だけつけるようにし、知覚過敏が気になる方は以下のような歯磨き粉を選ぶようにしましょう。

薬用シュミテクト コンプリートワンEX 90g 【医薬部外品】は、知覚過敏の方におすすめの歯磨き粉です。

知覚過敏ケアを考えて、特別に開発された歯磨き粉。 硝酸カリウムが、カリウムイオンとなって歯の神経のまわりにイオンバリアを形成し、不快感や痛みを防ぎます。

7つのはたらき(シミるのを防ぐ、歯周病予防、歯を白くする、虫歯予防、口臭防止、口中クリーン、歯石沈着予防)がひとつになっています。

歯磨きだけではなく、以下のことも気を付ければ知覚過敏を防ぐことができます。

食べ物、飲み物に気をつける

歯 知覚過敏

"酸"が入っている「酢(ドレッシング)・スポーツ飲料・炭酸飲料・ビール・ワイン」などの飲食物は硬いエナメル質を柔らかくする性質があるので、食べすぎ、飲みすぎに注意しましょう。

飲食する場合でも、できるだけ口の中に長時間ふくんでおかないようにしたり、飲食した後はうがいをするなどして酸が長時間、歯に付着しておかないようにする事も大切です。

知覚過敏の場合、歯医者さんではこのような治療をしてくれます

歯科医院での一般的な知覚過敏の治療は、薬の散布です。

エナメル質が傷つき、象牙質が露出した歯に薬を散布することで、外部からの刺激を防ぎます。 それでも効果が得られない場合、レジン(樹脂)・歯科用セメントなどのコーティング材を使用することもあります。

日本人の3人に1人は知覚過敏に悩んだ経験があると言われるほど、知覚過敏は私たちにとって身近なトラブルの1つです。「私は歯を大事にしているから大丈夫!」と思っている人も、他人事ではないかもしれません。

間違った方法で歯磨きをしていると気付いたら、今日からすぐにそれを止めましょう。

それでももし知覚過敏になってしまったら、その時は自分だけで何とかしようとせず、すみやかに歯科医を受診してください。