緊張 ストレス 口臭

  1. Kirei Labo TOP
  2. 口臭対策 おすすめ情報集
  3. ストレスが溜まると口臭が強くなる理由と解決方法

緊張やストレスで口臭がキツくなる!?あなたは大丈夫?ストレスが溜まると口臭が強くなる理由と解決方法をご紹介します。

ストレス 口臭

緊張したときに口の中がカラカラに乾いた。 睡眠不足や仕事の残業。

なんか最近、自分の口臭がキツくなった? と感じたあなた。

誰もが気にする口臭は、実はストレスとも深い関係があります。 ストレスと口臭の関係と治療法をご紹介します。

まずはストレスと口臭の関係を知りましょう

ストレスを感じると、唾液の分泌が通常時の3割減ると言われています。

唾液の分泌は意識とは関係なく切り替わる自律神経によりコントロールされています。

ストレスがかかった状態では、自律神経である交感神経と副交感神経のうち、交感神経が優位となり、唾液分泌が抑制されます。

唾液には、口腔内をキレイにし、雑菌を殺菌する効果がありますが、唾液分泌が少なくなり口の中が乾くと、雑菌が繁殖するため口臭が発生しやすくなるのです。

ストレスを感じ続けると自律神経が乱れて唾液の分泌が減少し、その結果としてドライマウス(口腔乾燥症)になってしまう可能性もあります。

ストレス 口臭ストレスがあると、唾液が出づらくなるんだ。

ストレス 口臭リラックスした状況だと唾液は透明でサラサラですが、 ストレスがあると分泌される唾液が変化をするのです。 ネバネバした唾液には 「ムチン」と呼ばれる糖タンパク質が含まれており、 これが口臭がキツくなる原因となります。

ムチンには粘膜の保護や乾燥の防止、細菌侵入の防止や唇や舌を動きやすくする潤滑作用などがあり、実はなくてはならない存在ですが、ムチンが細菌のエサになり、細菌の活動が活発になるため、口臭原因成分が発生するわけです。

唾液の量を増やすには、自律神経を整えること

自律神経にはストレス、緊張、興奮状態で働く交感神経と、リラックス状態で働く副交感神経の2種類があります。

副交感神経が優位になると唾液の分泌が増えて口臭予防に繋がります。

次は、ストレスで交感神経が優位に傾きがちな自律神経のバランスを整える方法をいくつか紹介します。

(1)食生活の改善

よく噛んで食べること、また食物繊維を多く含む食べ物を摂ることを心掛けましょう。

食物繊維を多く含む食品は

第1位 きくらげ 57.4g(食物繊維含有量(100g中))

第2位 干しひじき 43.3g

第3位 切り干し大根 20.7g

第4位 おから 11.5g

第5位 アーモンド 10.4g

があります。 スーパーやコンビニのお惣菜コーナーで売っているのでも 大丈夫なので、積極的にとって下さい。

きくらげ入り春雨(はるさめ)

ひじきの煮物

切り干し大根

おから

きんぴらごぼう

食べたものが腸内を進むときには副交感神経が優位となります。繊維質が多い食べ物は腸内をゆっくり進むため、副交感神経優位の時間が長くなります。

(2)入浴でリラックス

お風呂湯船にゆっくりつかると副交感神経が刺激され、気分も落ち着きます。

ただしお湯の温度はぬるめ(38~40℃)にしましょう。 熱すぎる(42℃以上)お湯だと、交感神経が刺激されます。

リラックスして入浴する方法は アロマの入浴剤をいれたり音楽を聞いたりすると良いです。

ストレス 口臭アロマの入浴剤はさまざまな効能があります。

リラックス効果の高いものというと、おすすめはベルガモット。

グレープフルーツのようなフルーティな香りは、アロマが苦手な人でも抵抗なく香りを楽しむことができます。 定番ではラベンダー。 イライラ 不安感 などあるときには心を落ち着かせてくれるアロマです。不眠にも効くと言われていますよ。

(3)規則正しい生活

決まった時間に起きて寝ること。早寝早起きが望ましいです。

睡眠時間中は副交感神経が最も優位になります。夜更かしは避けましょう。

健康のために規則正しい生活を送りたいと考える場合、基本になる「やらなければいけないこと」はたった2つでいいのです。

①毎日同じ時間に起きる

②1日3食

を基本とし、最低でも朝食だけは必ず充実させる 非常に簡単に見える事柄ですが、実際にやってみようと思うと意外に難しい部分もあります。

【朝の習慣を作る】ことが生活のリズムがつかみやすくなります。

ストレス 口臭たとえば、ベランダ園芸を始めて、毎朝起きたらすぐに植物に水やりをするというような「やらなければいけないこと」と作るのです。

犬の散歩やウォーキングなども代表的な朝の習慣になりますね。

「毎朝、あるテレビ番組の占いコーナーを必ずチェック」とか、「起きる前にベッドの中で5分間ストレッチ」、あるいは「毎日朝食を自分で作って食べる」「昼の弁当を作る」といった実利的な習慣でももちろんかまいません。

とにかく、何か一つ「毎朝すること」と作ると、エンジンがかかりやすく、リズムがつかみやすいのです。

(4)室温調整

室温調整冷房や暖房を使用し過ぎていると、自律神経が働かなくなってしまいます。

できるだけ自らの体温調整機能を使って生活しましょう。

特に眠る時の温度は、25~28度前後、湿度は50~60%辺りが最適です。

この室温と湿度を保つことで寝付きが良くなり、睡眠の質が良くなります。

また、睡眠時の温度が25~28度が最適といわれるのは、布団内の温度が丁度33度前後になるためです。

室内の温度が25~28度であれば眠りに就きやすい布団内の33度前後が実現されるのです。

理想的な寝室の温度は25~28度ですが、温度は高すぎても低すぎても睡眠に悪影響になります。

まず、体温が高すぎると深部体温が下がりにくくなることが寝付きの悪さに影響します。私たちは深部体温が下がっていくことで眠りに就きます。

(5)適度な運動

運動している瞬間は交感神経優位の状態となりますが、身体を適度に動かすことで自律神経全体の働きが高くなります。 現代人の生活はどうしてもデスクワークが中心になる人が多く、運動不足に陥りがちです。

スポーツクラブで体を動かす時間がない方は、日常生活の動作の中で運動を取り入れてみることをおすすめします。

ストレス 口臭例えば、通勤でバスに乗っていた代わりに、歩いたり自転車に乗ることでもいいでしょう。

また、エレベーターやエスカレーターを使わず階段を使う、ひと駅遠くで降りて歩くことも毎日行えば大きな効果があります。

上記のことを改善し自律神経のバランスを整えることが口臭予防に繋がりますが、無理をするとストレスを溜めてしまう場合もあります。

無理のないよう、ひとつひとつゆっくりと見直していくことも大切です。

口臭予防口臭に悩む方は、他にも色々な情報を掲載しています。 こちらのコンテンツもおすすめです。

歯の黄ばみ朝起きたときに口の中がねばついて、気持ち悪く臭いもひどい!と悩む方の予防法