歯 ホワイトニング 口臭改善のキレイラボ Kirei Labo

  1. Kirei Labo TOP
  2. 歯の黄ばみを進行させないための4つの基本予防

1.歯の黄ばみを進行させないための4つの基本予防方法普段のちょっとした行いで、歯の黄ばみを予防する方法をご紹介!

歯の黄ばみ予防

1.色の濃いドリンクを飲んだあとは、水でうがいをする

歯の黄ばみ予防色の濃いドリンク、例えばワインや紅茶、緑茶、コーヒーは歯に色素沈着を起こしやすいことが分かっています。ワインに含まれるポリフェノール、紅茶やコーヒーに含まれるタンニン、緑茶に含まれるカテキンなどの色素が、時間をかけて少しずつ歯の表面に蓄積され、着色汚れの大きな原因となります。

歯の黄ばみを避けるには、コーヒーや紅茶はできる限り色が薄い状態で、例えばコーヒーならアメリカンを飲むといいでしょう。 さらに、口の中を水でゆすぐだけでも、歯の色素沈着を予防できます。

ドリンクを飲んだあとは、口の中からのどの奥までをきれいに洗うようにイメージして、水でグチュグチュとゆすいで下さい。

2.ガムやおやつ昆布をよく噛んで唾液を出す

歯の黄ばみ予防だ液には、歯の表面についた汚れや細菌を洗い流す「自浄作用」があります。唾液というのは、一言でいえば“口のなかの美容液”。歯の表面についた食べ物を洗い流すと同時に、 歯の表面を潤わせ、色素の付着を防ぎます。更に 酸性に傾いた口のなかの環境を中性に戻し、歯が溶けるのを防ぎます。

唾液には、こうして食べ物を浄化したり、色素沈着を防ぐ働きがあります。 ガムやおやつ昆布(おしゃぶり昆布)などをよくかむことは、だ液の分泌を促すのはもちろんのこと、特に昆布などの繊維性の食物に含まれる食物繊維は、歯の表面を掃除する役割もあります。

また、だ液には、外から侵入する細菌やウィルスを撃退する抗菌作用、口臭予防、歯の表面のエナメル質を修復してむし歯を予防する働きもあります。 口の中が乾燥しているように感じたときは、舌やあごを動かして、だ液の分泌を促す習慣を心がけましょう。

3.タバコを吸ったあとはうがいする

喫煙はヤニの成分であるニコチンやタールが歯につきやすく、くすみや黄ばみの原因となります。

禁煙する、タバコの本数を減らすほうがいいのですが、吸ったあとはニコチンやタールを流すように水でうがいをしましょう。これは私がお世話になったすべての歯医者さんで言われた方法です。

こうした水うがいの習慣を取り入れてからは、私自身も歯が黄ばむスピードが遅くなったと実感しています。 外出先ではペットボトルの水を持ち歩く お酒の席ではお水も一緒に頼む こうしてその都度水ですすいであげるだけでも随分と違います。

4.普段、ゴシゴシ歯を磨く人は、研磨剤入りの歯磨き剤は避ける、磨き方に気を付ける

歯の黄ばみ予防力を入れて磨けば磨くほど汚れがよく落ちるような気がしていませんか。しかし強く押し当てると歯ブラシの毛先が寝てしまいかえって汚れがうまく落ちません。特に研磨剤の入った歯磨き粉を使用してゴシゴシ磨かないこと。

また強い摩擦力によって歯の表面のエナメル質を削ってしまい知覚過敏や歯茎が下がる原因にもなります。間違った歯磨きの多くは、横磨きといって、歯ブラシを横に大きく動かすやり方です。

歯の表面はエナメル質という、体で一番硬い組織でできています。 その一番硬い組織でさえ、日々の間違った歯磨きは少しずつ削ってしまうのです。 さらに、間違った歯磨きは歯茎を傷つけ退縮させ、歯の根っこを露出させます。

正しい歯磨きは、毛先をほとんど動かさないイメージで振動させます。 1か所につき、20往復くらい振動させたら、横にずらし、また20往復振動、とやっていきます。

2.歯の黄ばみを改善したいなら、二つの方法がある!歯を白くしたい!でもどうすれば良いか?ここでは2通りの方法をご紹介します。

歯の黄ばみを解消するやり方には、「1.自宅で行う方法」と「2.歯医者さんで行う方法」の2つがあります。

まずは自宅で行う方法をしっかりご説明したいと思います。

1.自分で落とす場合のホワイトニングアイテムの選び方

歯ホワイトニング セルフ自分で歯のホワイトニングを行う際は、普通の歯磨き粉ではなく、ホワイトニング効果のあるものを使ってください。理由は、4.研磨剤入りの歯磨き剤は避けるで説明した通り、普通の歯磨き粉は虫歯予防などの効果はあるのですが、歯についた黄ばみはとることは難しいです。

また市販されているホワイトニング歯磨き粉は、一般的な歯磨き粉と基本的には同じ成分です。

ただし、科学的に色素を分解する成分や生薬由来のもの、研磨剤などが配合されていて漂白効果を高めています。磨きすぎると歯のエナメル質の削れたり歯茎にダメージを与えたりして知覚過敏の原因となったり虫歯になるリスクがあがったりする可能性があります。

また歯の表面が傷つくことで着色しやすくなりエナメル質が薄くなると内部の象牙質の色が目立って逆に黄ばんで見えるようになることもありますので注意が必要です。

またホワイトニングでも、ホワイトニング歯磨き粉とジェルタイプのものがあります。

ホワイトニング歯磨き粉は、歯を白くする有効成分が配合されており、一般的には少なからず研磨剤を使用して歯の表面に付いた汚れを削り落としていきます。

ホワイトニングジェルは、デンタルクリニックなどでも使用する成分が入っており、研磨剤は不使用で、歯の表面の汚れを吸着し、包み込んで剥がして除去するので歯が傷つかず取り去った汚れは再付着しないということでホワイトニング効果も高いのです。

ホワイトニング歯磨き粉もホワイトニングジェルもそれぞれのメリット・デメリットがありますので、きちんと把握していくことで、自分にあったホワイトニングを見つけることができます。

2.自宅でホワイトニングジェルを効果的に使う方法

ホワイトニングジェルであれば自宅で歯のホワイトニングをすることができます。また、使い方も簡単で、いつもの歯磨きの代わりにホワイトニングジェルをつけて歯をブラッシングするだけで歯をホワイトニングすることができます。

歯磨きでは落としきれない汚れを「浮かせて包み込んで剥がして落とす」ことに特化しているため、継続して使用することで本来の歯の白さを取り戻すことができます。

ホワイトニングジェルのメリット

  1. 「歯と歯茎が傷つかない」
  2. 「虫歯・歯周病・歯肉炎・口臭予防ができる」
  3. 「歯科医院でも使用されている成分が入っている」
  4. 「汚れの再付着を防ぐため、白さがキープできる」

ホワイトニングジェルのデメリット

  1. 「歯医者のような即効性はない」
  2. 「生まれつき歯が黄色い方は効果が感じにくい」
  3. 「泡立ちが無いため磨いた感じがほしい方には不向き」

歯のホワイトニングジェルの選び方は?

歯のホワイトニングジェル選び方ホワイトニングジェルの中での3つの選び方を紹介します。ホワイトニングジェルを選ぶ際は以下の点に注意するようにしましょう。

①:歯の着色汚れを落とす成分が配合されているか

自宅で行うホワイトニングであるため、本当に着色汚れを落とす効果があるのか成分を確認する必要があります。 以下が代表的な着色汚れを落とす効果がある成分一覧です。ホワイトニングジェルを購入する際はこれらの成分がきちんと配合されているか確認するようにしましょう。

<着色汚れを落とす効果がある成分一覧>

・ポリリン酸ナトリウム ・メタリン酸ナトリウム ・リンゴ酸 ・パパイン ・ビタミンC

②:医薬部外品の認定を受けているか

ホワイトニングジェルは「医薬部外品の認定を受けているか」という選び方も、失敗せずに購入する方法としておすすめです。

★医薬部外品とは何か?★

まず市販されている歯磨き粉やホワイトニングジェルなどは ・化粧品 ・医薬部外品 ・医薬品 に分類されます。この分類は医薬品医療機器等法で定められ、医薬品や医薬部外品は厚生労働省の許可を得て販売されます。

医薬部外品は、化粧品と医薬品の中間に位置するものとなっています。「医薬品ではないが医薬品に準ずるもの」に分類され、目的に対する有効成分が規定量入っているかなどで判断します。

医薬品と医薬部外品、そして化粧品を見分けるポイントとしては「有効成分が明記されてあるかどうか」が最もわかりやすいです。

化粧品は「有効成分」として表示することは出来ませんので、成分表を確認すればすぐに分かります。

ホワイトニングジェルを選ぶ際は医薬部外品であるかを基準にするようにしてください。

例えば、医薬部外品のホワイトニングジェルでおすすめなのが、 独自製法【特許成分:分割ポリリン酸】配合のポリリンEXです。

歯のホワイトニング系商品に含まれている着色除去成分であるポリリン酸を、分割精製してより着色汚れを落とす効果を高めた「分割ポリリン酸」という特許成分を配合した商品です。

分割ポリリン酸の効果で白い歯を維持できるだけでなく、発泡剤や研磨剤、香料を含まない安全な商品ですので歯を傷めることはありません。

ポリリン酸の効果を十分に確認できる刺激のないタイプなので、年齢を問わず使うことができます。

汚れを落とす汚れがつかないようにする白さを増す口腔内を清潔にして口腔環境を整える、という要素を備えた新たなホワイトニング成分が入っています。

矢印薬用ポリリンジェルEXの公式サイトはこちら

3.ホワイトニング歯磨き粉

ホワイトニング歯磨き粉の選び方ホワイトニング歯磨き粉は毎日の歯磨き粉を変えるだけの手軽さで多くの方が利用しているのではないでしょうか。

歯の表面の汚れを落とし、歯の本来の白さに戻すことができ毎日続けることができるのは魅力的です。

しかし、誰でも簡単に購入ができるホワイトニング歯磨き粉では研磨剤を多く含む歯磨き粉では、歯や歯茎が傷つき知覚過敏になりやすかったり歯に傷が付くことにより更に黄ばみが増してくることが多いため、歯磨き粉選びがとても重要になります。

ホワイトニングの歯磨き粉のメリット・デメリットをきちんと把握し、注意点や効果などを確認することが大切ですのでしっかり、見ていきましょう。

ホワイトニング歯磨き粉のメリット

  1. 「ホワイトニングの中で一番金額が安い」
  2. 「ホワイトニングと歯磨き粉の両方を兼ね備えている」
  3. 「歯磨きと同様の方法なので手間がかからない」
  4. 「時間や場所を問わずいつでも使用できる」
  5. 「ヤニやステインを除去する」

ホワイトニング歯磨き粉のデメリット

  1. 「市販で売られているものは研磨剤・発泡剤を使用しているものが多い」
  2. 「効果が出るまである程度時間が必要」
  3. 「磨きすぎると虫歯や知覚過敏になる可能性が高い」

研磨剤は、歯石を除去したりヤニやステインを落とす効果があるため、悪い成分というわけではありませんが、市販で買う際は、研磨剤が低配合の製品や微粒子が細かい成分を選んだ方が良いです。

こちらの歯磨き粉は、研磨剤を使わず【薬用ハイドロキシアパタイト(歯の表面の歯垢や口腔内細菌を吸着し、除去)】する成分が入っています。

薬用ハイドロキシアパタイトのナノ粒子は、歯の表面のミクロの傷を埋めて修復します。また、表面を滑らかにすることで、歯垢や着色汚れの再付着をしにくくします。

その薬用ハイドロキシアパタイトを使っているのが 【薬用 オーラパール】 があります。

オーラパールは、製薬会社が8年かけて開発した歯のホワイトニング商品で、厚生労働省にも医薬部外品として認められています

歯を白くする成分だけではなく、口臭や歯周病、虫歯などに効果的な成分が含まれています。

歯のホワイトニング商品というとサラサラとした液体タイプやジェルタイプが多いのですが、オーラパールは市販で販売されている歯磨き粉と同じペーストタイプです。

自宅で毎回の歯磨きのときに歯磨き粉の代わりにオーラパールを歯ブラシに付けてブラッシングするだけで、手間をかけずに歯を白くする効果がある商品です。

飲食物による歯の着色汚れを始めとして、特にタバコのヤニによる黄ばみ・黒ずみに大きな効果があります。

お値段はお手頃価格で、歯医者で行うホワイトニングやサロンで行うセルフホワイトニングより断然お勧めできる商品です。

矢印薬用オーラパールの公式サイトはこちら

4.歯医者でホワイトニングを行う

歯医者

歯のきばみ、歯石がひどい場合は、歯医者でホワイトニングを行う事をおすすめします。

歯医者でホワイトニングを行うメリット

  1. 「短期間で効果を得られる」
  2. 「歯科医院で専門家(歯科医師や歯科衛生士)が行うので安全」
  3. 「自分でやる手間がかからない」
  4. 「キレイに仕上がる」

歯医者でホワイトにングを行うデメリット

  1. 「場合によっては痛みが出ることがある。」
  2. 「効果は永続的ではない。」
  3. 「料金が高い。」
  4. 「1回の治療で希望の白さにならない場合があり、数回の通院が必要」

※1:歯の構造は表面にエナメル質その内側に象牙質があり、歯の中心にある神経を保護しています。

エナメル質には知覚はありませんがその内側の象牙質には無数の小さな穴(象牙細管)があり神経に繋がっています。 エナメル質が削れていたり薄くなっていたりして象牙質までホワイトニング剤が浸透すると神経まで届いてこのような痛みが起こることがあります。

歯科医院で行う歯のホワイトニングのことを「オフィスホワイトニング」と呼びます。

高濃度のホワイトニング剤を使い、特殊な光を当てて熱を加え、薬剤の効果を高めていきます。用いられるライトには種類があり、詰め物を固める際に使用する従来のものや、紫外線を使用するもの、また最近ではLEDタイプもあります。

歯医者のホワイトニングは、短時間で効果があらわれますが、永続的ではありません。

個人差はありますが、放っておけばだいたい3か月~6ケ月くらいで元の色に戻ります。

ただし歯磨き等の日常的なケアによって持続期間も変わってきますので効果を長く持続させたい方はきちんとした歯磨きや定期的なクリーニングなどで歯の汚れをしっかり落とすことを心がけましょう。

いずれにしても期間の長短はあれ色戻りは避けられません。希望の白さを維持するためには2か月~半年に1回程度定期的にメンテナンスとしてのホワイトニング(タッチアップ)をする必要があります。

また現在の保険制度ではオフィスホワイトニングもホームホワイトニングも審美目的のため保険は適用されずいわゆる自由診療となります。

料金はそれぞれの歯科医院が独自決定しているため同じシステムでも異なった料金になることがあります。

料金が違う理由は、それぞれのシステムを海外から個人輸入もしくはもしくは国内で承認されたものを医療品販売会社から購入して使用しており、それぞれ入手価格が異なることも料金差の要因となっています。

●ホワイトニング料金はどのように決められるのか?

医院にとってホワイトニングの原価は

①医院が購入するホワイトニングシステムの購入原価

②診察する歯科医師の人件費

③施術する歯科医師又は歯科衛生士の人件費(資格のない歯科助手などが施術をおこなうのは違法)

④医院の家賃などとなります。

●歯医者で行うホワイトニングはどのようなものか?

歯科医院で使用しているホワイトニングの多くは海外で開発されたシステムを使用しており、代表的なものに「ビヨンド」「ズーム」「ルマホワイト」「オパールエッセンス」などがありますが基本的には全て過酸化水素等の高濃度の漂白剤を使用しています。

●歯医者で行うホワイトニングの相場

料金相場は一般歯科で1回30,000円~50,000円程度、ホワイトニング専門歯科の場合1回5,000円~30,000円程度と一般歯科より相対的に安い料金相場となっています。

●薬剤の確認も行おう!

医院の中には高濃度の漂白剤の代わりにポリリン酸やメタリン酸(いずれも漂白効果はない)などを使用したあるいは漂白剤にそれらを配合したホワイトニングをおこなっているところもあります。

痛み対策をする必要が少なく比較的的安い料金設定となっている場合が多いのですが、いわゆるオフィスホワイトニングとしては効果が弱いということを知っておいてください。

●施術本数による追加料金がある

ホワイトニングは笑った際に見える前歯を施術するため施術本数は通常12本~20本と個人差があります。

そのため料金設定で○○本まで××円となっている医院でホワイトニングをおこなう場合には事前に本数を確認しておきましょう。

●コーティング料金もしっかり確認しよう

ホワイトニング直後の歯は飲食物による着色がしやすい状態になっていますので、医院によっては術後にコーティングをおこなうところもあります。

この料金がホワイトニング料金に含まれていない場合もありますので料金表での確認が必要です。

3.歯の白さを持続させるなら、この方法がおすすめ!

日頃からメンテナンスを行う事で、歯の白さは持続させることができます。 時間、料金から考えると、

①歯のきばみがひどくない場合

自分でホワイトニングを行い徐々に白くしていく方法がおすすめです。 約1~2か月から、歯は白くなっていきます。

②歯のきばみがひどい場合

歯医者でホワイトニングを行い、それから自宅でホワイトニングケアを行うことをおすすめします。

この記事の冒頭でご説明した 1.歯の黄ばみを進行させないための4つの基本予防方法 を行いつつ、ホワイトニングアイテムで普段からケアをしていけば、歯の白さは持続できます。

歯の黄ばみに悩んでいるアナタ。 一日でも早く実行する事が、歯の白さに近づく第一歩ですよ。


関連記事

自宅でホワイトニング!自分で歯を白くする方法

ホワイトニング 自宅コーヒーやワイン、紅茶、タバコのせいで歯が黄ばんできている。 歯科でホワイトニングをやった方がいいかなと考えているけど、時間とお金が・・・。 と諦めている方に、自宅で出来るホワイトニングについてご紹介します。

「歯が黄色い?」と感じたアナタに教える歯の黄ばみを落とす方法

歯 黄ばみ 落とす歯の黄ばみの原因がわかれば、歯を白くする適切な対処法がわかります。歯の黄ばみを改善したいとお考えの方の必見情報を掲載しています。

歳をとると歯が黄色くなってくる?加齢で歯が変色してしまうって本当?

歯黄ばみ歯の色が年齢とともに黄ばんだりくすんでしまうのかという原因を知っておくことで予防や歯の白さをキープすることにも繋がるのです。 そこで今回は、なぜ年齢とともに歯が変色してしまうの?ということについてご紹介したいと思います。

歯の黄ばみで印象が悪くなってしまう現実!

歯の黄ばみいくらおしゃれに着飾っていても、歯が汚いと台無し。 それくらい白い歯って印象をよくするものです。アンケート結果から、歯の黄ばみでこんなに印象が悪くもたれてしまうその理由は?

歯のホワイトニングの効果が得られない原因は?

歯のホワイトニングの効果が得られない原因は?せっかくのホワイトニング、効果が得られないのではもったいないですよね。

そこで、こちらでは歯のホワイトニングの効果が低くなってしまう原因や、その対処法についてお伝えしていきます。