歯の黄ばみ

  1. Kirei Labo TOP
  2. アナタの歯の黄ばみの原因は5つのどれかにある!

アナタの歯の黄ばみの原因は5つのどれかにある!歯の黄ばみの5つの原因をご説明します。

歯の黄ばみにコンプレックスを抱え、口を大きく開けて笑うことができないという人は意外に多いものです。そもそも、なぜ歯が黄ばむでしょうか。その原因を5つご紹介いたします。

1:色が濃く、酸性度の高い飲食物が原因(食生活が原因で歯が黄ばむケース)

歯の黄ばみといえば、第一に想像できるのが食品。

口の中を毎日通り過ぎていく食品は、着色汚れのもっとも大きな原因といえます。 そのなかでも、歯の黄ばみを起こしやすいのは以下の食品となります。

色の濃い飲食物で代表的なもの

紅茶、コーヒー、赤ワイン、コーラなどの飲み物類や醤油、ケチャップ、ソース

などは酸性を多く含まれているため、その調味料で調理された料理は日常的に摂取することで歯への直接的な着色原因になります。

歯の黄ばみ

またそれ以外にも、お酢、炭酸飲料、柑橘類の果物も飲食物も歯の黄ばみの原因となるので注意が必要です

しかし、さきほど紹介したケチャップやソース等の調味料は日常でよく使用するものなので無理に摂取を止める必要はありません。普段の生活で少し気にかけ、だらだら食べ続ける習慣をなくすだけでも黄ばみ対策の効果は十分にあります。

こちらで歯の黄ばみの予防方法をご紹介しています。

矢印歯の黄ばみを進行させないための4つの基本予防方法はこちら!

2:喫煙(タバコ)

タバコをよく吸う人も歯の黄ばみが気になる方は多いと思いますが、これも表面にヤニが付着することによるものです。

歯の黄ばみを取る上で一番厄介なのが、タバコのヤニと言われてます。

歯にはエナメル質を膜で覆っている「ペリクル」が存在します。ペリクルの働きはエナメル質表面の小さな傷を修復するはたらきがあるのですが、粘着質で細菌が付着しやすい欠点があります。

ペリクル

またタバコのヤニの成分であるタールも粘着質であり、 ペリクルとタールは互いに粘着質なので、ひきつける力も強く、ヤニが付着しやすくなります。ヤニが歯に付着する量も他の着色成分より多いので、歯の色も黄ばみというよりは、汚い茶色になりやすくなります。ヤニが原因の場合、歯の汚れを防ぐ方法は煙草を吸ったら歯を磨くのが一番なのですが、毎回は厳しいと思います。特にヤニを取る成分の入った歯磨き粉が良いと思います。

平成27年3月25日に、厚生労働省が薬用歯磨き粉の製造販売基準で明確にたばこのヤニ取りに効果がある成分を発表しています。

ヤニを取る効果がある有効成分

  • ・ ポリリン酸ナトリウム
  • ・ポリエチレングリコール(別名マクロゴール、略称PEG)
  • ・ ポリビニルピロリドン(別名ポビドン、略称PVP)

たばこのヤニ除去について効果・効能を掲げるときは必ず1成分以上配合しなければならないとしています。

コチラの歯磨き粉が、上記の成分が入った歯磨き粉です。

ポリリン酸ナトリウムが配合されている歯磨き粉

薬用ポリリンジェルEX

薬用ポリリンジェルEX

ポリリン酸の中でも歯の着色除去に特に効果的な「短鎖分割ポリリン酸」を配合したジェルです。 短鎖分割ポリリン酸は、従来のポリリン酸より数倍ホワイトニング効果出るように開発されています。

テレビショッピングでも話題となり、累計100万セット売れた歯磨き粉で、洗浄成分以外の余計な成分が一切含まれず、超低刺激処方なのがこのジェルの特徴です。 45日間返金保障もついているので、安心して買いやすいと感じます。

②マクロゴールが配合されている歯磨き粉

OraPearl(オーラパール)

OraPearl(オーラパール)

歯周病、虫歯、口臭の改善だけではなく、歯の自然な白さを取り戻すオールインワンの歯磨き粉。 他の歯磨き粉に比べてしょっぱいのですが、歯茎の引き締めと、また出血を抑えてくれる働きがあります。

モデルのような真っ白い歯になるわけではありませんが、【薬用ハイドロキシアパタイト】【マクロゴール400】の成分で汚れを落とし沈着を防いでくれますので、今よりも歯は白くなります。 またコスパは良いので、私も使っている歯磨き粉です。

この歯磨き粉の効能と実際に使ってみてどれ位、歯が白くなれたのか?の体験レビューも載せています。

矢印 オーラパールを使って歯がどれくらいで白くなったのか?体験レビューをご紹介

3:加齢

加齢による歯の黄ばみは、年を取るごとに歯の表面が削れて中側が見えてきてしまうことで起こるものです。歯の内側には、象牙質と呼ばれる層があるのですが、加齢とともにこの層の色が少しずつ濃くなってきます。

ペリクル

それに伴い、歯の一番表面にあるエナメル質が削れて薄くなってくることで、この象牙質の色が見えてくることによって、歯が黄ばんだように見えてくるのです。

日本で売られている歯磨き粉は、薬事法の関係で、確かな漂白作用のある薬剤は入っていません。

ですからホワイトニングと同等の効果が得られる物はありません。 なので市販の歯磨き粉でゴシゴシ磨いても、歯自体の黄ばみは取れません。

歯医者で施術するオフィスホワイトニングがおすすめです。歯を漂白するので、加齢による歯の黄ばみでも白い歯になることができます。こちらにオフィスホワイトニングについて詳しくご説明しています。

矢印歯医者のホワイトニングはどんなものがある?価格は?

4:虫歯・歯周病

虫歯や歯周病は、口の中の細菌によって歯の表面のエナメル質が変質してできるのです。

エナメル質が変質すると、黄ばみが強くなったり黒ずんだりして、本来の白さを保つことができません。また、エナメル質の奥にある象牙質まで虫歯が達すると、象牙質が変色します。

象牙質の変色は、エナメル質から透けて黄ばんで見えることもあるでしょう。虫歯による歯の黄ばみを改善するためには、虫歯や歯周病の治療をすることが肝心です。

歯医者

5:歯のみがき過ぎ

歯磨きしないのはもってのほかですが、磨きすぎによる悪影響も意外と大きいので注意しなければなりません。虫歯菌の塊のバイオフィルムを破壊し、歯の表面から歯垢を取り除くのが歯磨きの目的。

だからといって磨きすぎるのは良くなく、エナメル質が傷付いて余計に酷くなりやすく、逆に歯の黄ばみに繋がる恐れがあるので注意しなければなりません。磨きすぎると以下の弊害が出てきます。

  1. 歯の表面のエナメル質が傷付いて薄くなる
  2. 下に位置している象牙質が透けて見える状態となる
  3. 象牙質が加齢によって黄色くなる
  4. 歯の黄ばみが目立ってくる

歯磨きは「磨く」のではなく、「口の中をクリーニングする」という感覚で行う必要があります。


関連記事

自宅でホワイトニング!自分で歯を白くする方法

ホワイトニング 自宅コーヒーやワイン、紅茶、タバコのせいで歯が黄ばんできている。 歯科でホワイトニングをやった方がいいかなと考えているけど、時間とお金が・・・。 と諦めている方に、自宅で出来るホワイトニングについてご紹介します。

「歯が黄色い?」と感じたアナタに教える歯の黄ばみを落とす方法

歯 黄ばみ 落とす歯の黄ばみの原因がわかれば、歯を白くする適切な対処法がわかります。歯の黄ばみを改善したいとお考えの方の必見情報を掲載しています。

歳をとると歯が黄色くなってくる?加齢で歯が変色してしまうって本当?

歯黄ばみ歯の色が年齢とともに黄ばんだりくすんでしまうのかという原因を知っておくことで予防や歯の白さをキープすることにも繋がるのです。 そこで今回は、なぜ年齢とともに歯が変色してしまうの?ということについてご紹介したいと思います。

歯の黄ばみで印象が悪くなってしまう現実!

歯の黄ばみいくらおしゃれに着飾っていても、歯が汚いと台無し。 それくらい白い歯って印象をよくするものです。アンケート結果から、歯の黄ばみでこんなに印象が悪くもたれてしまうその理由は?

歯のホワイトニングの効果が得られない原因は?

歯のホワイトニングの効果が得られない原因は?せっかくのホワイトニング、効果が得られないのではもったいないですよね。

そこで、こちらでは歯のホワイトニングの効果が低くなってしまう原因や、その対処法についてお伝えしていきます。