唾液 口臭

  1. Kirei Labo TOP
  2. 口臭のQ&A
  3. 口臭予防は、しっかり唾液を増やすのが一番の近道!その口臭対策は?

口臭予防は、しっかり唾液を増やすのが一番の近道!その口臭対策は?歯を磨いても、時間が経つと口の臭いが・・・。実は口臭と唾液の問題はつながっています。口臭対策方法をご紹介。

唾液 口臭

自分では口臭ケアをしているつもりなんだけど、中々口臭が改善されなくて困ってこのサイトを訪問していただいたと思います。

口臭が発する理由は、唾液の質にも関係しています。

唾液について理解してもらう事により、口臭の改善も早くなります。

唾液と口臭がなぜ関係しているのか?そして口臭を解決する方法もご紹介します。

1.唾液には口臭を防ぐ成分がある

唾液 口臭

唾液の成分はただの水分と思いがちですが、実は口の中の臭いの元になる細菌を洗い流したり殺菌をしてくれます。

その代表的な成分が「リゾチーム」と「ラクトフェリン」。

リゾチームは酵素の一種で、細菌の細胞壁を溶かす強力な殺菌作用があります。

ラクトフェリンは、細菌の増殖を抑制します。 細菌の多くは増殖する際に鉄の成分が必要です。ラクトフェリンは鉄の成分を奪い去る特徴をもっているので、細菌を弱体化します。

2.口の中がネバつく原因

口の中がネバつく

口臭が気になっている方の多くは「口の中がネバつく」と感じている方が多いです。

口の中がネバつく主な原因は次の4つがあげられます。

2-1:無意識に口呼吸または睡眠中にいびきなどをかいている

いびき

口呼吸は唾液の分泌が抑えられてしまい、口臭をはじめ虫歯や歯周病の原因になります。

「いやいや自分は口呼吸はしていない」と思っていても、こういうケースはありませんか?

  • ・いびきをかく事が多い
  • ・朝起きた時に口の中がカラカラ
  • ・唇か乾燥してカサカサ
  • ・口を閉じるとアゴ に梅干しのような力こぶみたいなものができる
  • ・口内炎ができやすい

上記のケースにあてはまると口呼吸の可能性が高くなっている証拠。

口呼吸を改善しないと、口のトラブルの他に表情筋もたるんできて、小じわや二重あごにもつながり、顔全体引き締まりがなくなって老け顔にもつながります。

2-2:唾液の質に問題がある

唾液にはサラサラとネバネバの2種類あります。

唾液がサラサラしている事は唾液の分泌もしっかりでているので、口の中がネバつかず口臭もほとんどしません。

逆に唾液がネバネバしている場合は唾液の量が少ないので口全体に行き渡らず、乾燥した状態になるのと同時に細菌を洗い流せなくなり、結果口の中がネバつき口臭にも悩むことになります。

唾液の質が悪くなる原因は

  • ・不規則な生活習慣
  • ・早食いの習慣がある
  • ・過度なダイエット
  • ・ストレスが溜まっている
  • ・加齢

があげられます。

唾液の質を変えないと、歳をとるごとに歯を失う確率があがってきます。

厚生労働省の「平成28年歯科疾患実態調査」では、歯を失う人の割合が 30歳から5歳ごとに10%ずつアップしていき、50歳からはその割合が20%もあがってくることがわかっています。

歯は一度なくなってしまうと、二度と元には戻らず、好物の食べ物が食べられなくなったり、しゃべりずらくなる他に、見た目の印象も悪くなってしまいます。

2-3:歯周病になっている

歯周病

歯周病は、歯肉を炎症させる病気。

歯周ポケットに歯周病菌が入り込んでくると、その歯周病菌から歯肉を守ろうと歯肉溝浸出液(しにくこうしんしゅつえき)が多く分泌されます。

この液体は粘りが強いため、口のネバつきを助長させてしまいます。

歯周病にかかってもはじめは痛みがほとんどないので気づきにくく、歯肉が腫れて膿が出たり痛みがあって初めて気づくケースが多いです。

私たち日本人の約8割が歯周病にかかっている調査結果もあり、国民病ともいわれています。

また歯周病は口からうつりますので、親が歯周病だと子供もかかっている可能性が高いです。

ストレスなどによる過労や喫煙、生活習慣が乱れるとかかりやすくなるので、特に気を付けなくてはならない病気です。

  • ・歯茎がはれている、血や膿が出る
  • ・口臭がキツい
  • ・歯がぐらぐらしている
  • ・歯が長くなった気がする
  • ・食べ物が噛みにくい
  • ・歯と歯の間にすき間ができている

場合は、すぐに歯医者で治療を受けることをおすすめします。

2-4:ドライマウス

口の中が乾く病気のことで糖尿病や腎臓病の方、アレルギーや血圧降下剤などの薬を服用している方、また加齢に伴ってドライマウスになりやすいと言われていましたが、 最近は20代の方もドライマウスに悩んでいる人が増えています。

長時間スマートフォンでゲームやネットをしていると、うつむき姿勢により唾液腺が圧迫されたり、ゲームの集中による緊張状態で唾液の分泌が少なくなります。

詳しくは、「若い人に増えている【スマホ型口臭】!」リンクの記事でご紹介していますので、スマホを長時間いじりがちの方は是非ご覧ください。

矢印 若い人に増えている【スマホ型口臭】とは? リンク

スマホ型口臭,口臭 スマホゲーム、SNS、検索など便利なのがスマートフォン。実は、スマートフォンを長い時間いじっていると【口臭】になりやすい事ご存じでしょうか?スマホが口臭を強くしてしまうのか原因と改善方法をご紹介します。

またストレスもドライマウスの大きな原因。 人間関係や仕事などで、心身が緊張状態になると唾液の分泌が少なくなりドライマウスにかかりやすくなります。

3.良い唾液を多く分泌するには?

口のネバつき、口臭を改善したいならば、良い唾液を多く出すことが大事になってきます。

ここでは、良い唾液を出す方法をいくつかご紹介します。

3-1:舌の体操を毎日行う

舌を回すだけの体操で、テレビを見ながら、お風呂にはいりながらでも簡単にできます。

やり方はいたってシンプル。

口を閉じたまま、舌の先を歯ぐきの表側をなぞるように舌をぐるりとまわします。右回り、左回りそれぞれ10回程度行います。

舌を回すだけの体操

この体操は、唾液を分泌する3つの唾液腺を刺激するので、サラサラとした質のよい唾液の分泌が盛んになります。

唾液がしっかりでるようになると口のネバつきの改善、口臭の改善の他、もう一つよいことがあります。

唾液には、パロチンという若返りホルモンが含まれており、一部は血液の中に取り込まれて体内に吸収されます。 パロチンが体内に吸収されると、肌や細胞の新陳代謝が高まり、むくみやシワなどのトラブルを解消してくれます。

舌を動かすことによって舌の力がついてくるので、寝ている時に舌が落ち込んで気道が狭まる「いびき」や「睡眠時無呼吸症候群」の予防にもつながります。

また舌の動かすことで、顔の表情筋も鍛えることができるので、ほうれい線の改善や顔の輪郭も引き締まってくるので、小顔効果もあります。

毎日続けることで、お口の中、お顔もすっきりできますので是非実践してみてください。

3-2:耳下腺を刺激する

サラサラした唾液を分泌するところは、耳の下、奥歯の位置にある「耳下腺」です。 この耳下腺をマッサージすることで、唾液の分泌を促すと同時に、ストレスを解消する効果があります。

マッサージを始める前に呼吸を整えます。 そして耳下腺のある箇所に指先をあてて、まわすようにして10回ほどもみます。

それから耳の後ろには、完骨(かんこつ)という自律神経を整えるツボがあります。 耳の後ろにある出っぱった骨の下のくぼんた箇所です。 ここも指先でまわるようにして10回程もみます。

耳下腺

耳下腺と完骨のマッサージを行うことで、唾液促進とリラックスもできる他にも、耳鳴りやめまいの緩和や、不眠などの改善も期待できます。

マッサージを実際にやってみてください。気持ち良いですよ。

3-3:自律神経を整える

良い唾液を出すには、唾液の分泌に深くかかわっている自律神経を整えることも必要です。

自律神経とは血管や内臓の動かすなど、私たちの生命維持のコントロールをおこなっており、体を活動など心身を活発にする、緊張状態にする「交感神経」と体の疲れやダメージを回復するリラックスさせる「副交感神経」の2種類のバランスがうまく保っている事が理想です。

しかし、仕事や人間関係、また疲れによりストレスが溜まると「交感神経」のスイッチがONの状態が続くことでバランスが崩れると、筋肉の緊張状態のため、血管が収縮して血流が収縮してしまい、体の免疫力をはじめ唾液の分泌も少なくなります。

今のあなたはこんな生活パターンや状況になっていますか?

  • ・夜更かし、夜間勤務など夜型の生活
  • ・人間関係や仕事、単身赴任や職場移動など環境の変化なのでストレスがたまっている
  • ・体力がない、疲れやすい
  • ・寝ても、朝起きられない
  • ・不眠気味
  • ・手足がだるい時がある
  • ・集中力が続かない
  • ・いらいらする
  • ・便秘や下痢をする

自分はあてはまるかも?と思った方は、自律神経を整える方法をいくつかご紹介します。

①ビタミンB群、Cをたっぷりとる

ビタミンB群、C

ビタミンB群は、神経の働きを正常に保つ働きをしてくれます。

逆に足りないと、体の疲れやイライラ感、睡眠障害などの症状がでやすいので、しっかり摂るようにしてください。

またアルコールを分解する時にもビタミンB群が消費されますので、飲みすぎている方はご注意を。

ビタミンB群は、肉、魚などに含まれています。 代表的なビタミンB群と多く含まれている食材をご紹介します。

ビタミンB1(脳、神経の働きを正常に保つ) 豚肉、うなぎ、大豆、玄米
ビタミンB6(神経機能を正常に保つ) 豚レバー、うなぎ、カツオ、マグロ
ビタミンB12(神経および血液細胞を健康に保つ) 牡蠣、あさり、サンマ、レバー

最近太り気味だからと気にしている方、ベジタリアンの方は不足しがちな栄養素です。 肉、魚をあまり摂る機会がない方は、まずは白米を玄米に変えてみて、できるだけ摂るように心がけてください。

またビタミンCも、ストレスがある場合に大量に消費されてしまいます。

ビタミンC=美容というイメージがありますが、私たちの体はストレスがあると、それに対抗するように副腎皮質ホルモンが分泌し、体の抵抗力をあげてきます。 その抵抗力をあげる際にビタミンCが必要になります。

そのビタミンCは食べ物から摂らないと補給することができず、水溶性のため体内に入っても尿と一緒に出てしまいやすいのが特徴です。

毎日、野菜や果物をとる習慣をつけ、ビタミンCを補給するようにします。 足りない場合は、サプリで補うようにするとよいです。

②質のよい睡眠をとる

質のよい睡眠

平日の疲れをとるために休日は寝だめをしている人が多いですが、寝坊で遅く起きれば、その日の夜は寝つきも、もっと悪くなり生活リズムが後ろにずれてしまいます。

そのままの状態で月曜日を迎えることになるので、自律神経が乱れたまま、仕事に行きたくない「ブルーマンデー」状態になってしまいます。

ブルーマンデーはひどくなると、日曜の夜から不安になったり、通勤途中に具合が悪くなることもあります。

寝だめによって、疲れやストレスがとれるどころか、逆に溜め込んでしまう結果になるので、唾液の分泌も少なくなり、口臭もおこりやすくなります。

休日の日も、起きる時間はいつもの時間の最長2時間までにすることです。 平日6時に起きる方は、遅くとも8時に起きるようにします。

2度寝はしないようにし、眠い場合は昼寝30分程で終わらせます。

昼寝の前にコーヒーなどカフェインを摂っておくと良いですね。 実はカフェインの覚醒作用は、飲んで30分後くらいからききはじめるので、目が覚めて欲しい時間に効きます。

この30分程の昼寝で、非常に頭がクリアになり気分も良くなります。

また夕方に体を動かすと、質のよい睡眠ができます。

なぜ夕方に良いのかは、眠りに入る数時間前に運動して体温を上げると、その後手足からの熱放出が活発になり、体温が早く下がってくるため眠くなります。

運動=ジョギング、またはスポーツクラブに通うこと。 と思いがちですが、質のよい睡眠は、そのようなハードな運動ではなく、日常生活の支障のない範囲で行うのがポイントです。

会社帰りの際、最寄駅の1つの手前で下車して歩いたり、駅からバスで家を歩いたりするだけでOK。

体を動かす習慣をつけると、自律神経が整ってくるのと同時に口臭改善にもなります。

③横隔膜呼吸法

テレビで放映された「みんなの家庭の医学」でも紹介された呼吸法です。

この呼吸法は胸とお腹を膨らませ、しぼませる方法。

横隔膜には自律神経が密集しており、より多くの酸素が肺の中にある袋(肺胞)にとりこまれて、ゆっくりと息をはくことで自律神経を刺激し、副交感神経が優位になるのでリラックスしていきます。

胸とお腹を同時に行うのが難しいので、まずは別々に行うとよいです。

はじめに胸の呼吸法を行います。

  • 1.仰向けになり、膝をたてます
  • 2.胸の上に手を置きます
  • 3.胸が膨らむまで、ゆっくり吸い込みます
  • 4.胸がしぼむように意識しながら、ゆっくり吐き出します
  • 5.3.4を5回繰り返します

次にお腹の呼吸法を行います 。

  • 1.仰向けになり、膝をたてます
  • 2.脇腹に両手をあてます
  • 3.お腹を膨らませるように、ゆっくり吸い込みます
  • 4.お腹がしぼむように意識しながら、ゆっくり吐き出します
  • 5.3.4を5回繰り返します

なれてきたら、胸と腹を同時に膨らませる横隔膜呼吸法に切り替えます。

4.口臭でお悩み方の改善法

口の中がベタついて、口臭でお悩みの方もいると思います。

その場合の口臭改善方法もいくつかご紹介します。

4-1:口内の細菌を減らす

唾液の量が少ないということは、細菌が増殖しやすい証拠。

ですので、唾液を増やすのと同時に、口内の細菌を減らすことが口臭改善の第一歩です。

その原因となるプラーク(歯垢)を除去することはご存知ですよね。 プラーク1gの中に、1億個以上の細菌がいるからです。

プラークは1日もあれば作られてしまいます。ですから毎日歯磨きをしなくてはならないわけです。

一番丁寧に歯磨きをしてほしい時間帯は、就寝前。 寝ている間は唾液の分泌が一番少なく、起きている時の1/10にも満たない量になります。

特にプラークは、歯と歯の間や歯と歯茎の境目、奥歯の溝にできやすいです。 そこは念入りに磨いてください。

歯磨きが終わったら、マウスウォッシュを使って口内をしっかりと殺菌します。 マウスウォッシュを選ぶ際は、刺激が少ないもの(アルコールが入っていないもの)を使う事をおすすめします。

また歯磨きできちんと磨き落としができているか?自信がない方は、口の中の汚れがどれだけ残っているか、実際に見えるマウスウォッシュ【ゴッソトリノ】というのがあります。

ゴッソトリノ

市販で売られているマウスウォッシュと違い、細菌のエサとなる「タンパク質」が除去でき、その汚れが目ではっきりわかるマウスウォッシュです。

ゴッソトリノ

市販のマウスウォッシュは口内の殺菌はできますが、「タンパク質」は除去できません。 つまり汚れをしっかり落とすことができないというわけです。

ゴッソトリノと市販とのマウスウォッシュとの違いはどこになるのか?をこちらで詳しくまとめています。いままでマウスウォッシュを使っても中々口臭が改善できない方もご覧になると理由がわかると思います。

矢印 ゴッソトリノの成分は市販のものと何が違う?また口コミはどうなの?リンク

ゴッソトリノ汚れが目でわかるマウスウォッシュ{ゴッソトリノ」はドラッグストアで売られているマウスウォッシュとどんなところが違うのか?また実際に使った人の意見をまとめて、どんな効果があるのか?をまとめています。

5.まとめ

口臭を防ぐには、良い唾液を出すことが必要なことがご理解いただけたかと思います。 その唾液を増やす方法もいくつかご紹介しています。 どれも、手軽にできる方法です。

口臭は、自分自身も周りの人も不快なもの。 改善法を実際に行ってみてください。この記事がお役に立てれば幸いです。


参考資料:

日刊ゲンダイ ヘルスケア

カラダネ

ケンカツ

生理快適Labo

自律神経、呼吸法で調整 | 大和薬品株式会社


関連記事

口の中が酸っぱくて口が臭い。なぜそうなるのか?原因を確認!

口の中が酸っぱい口の中が酸っぱくて口が臭い。なぜそうなるのか? その原因がわかればお口の悩みを解決できる糸口になります。 あなたはどれに該当する?口の中が酸っぱい、臭いの原因をご紹介します。

唾液がなんだか「しょっぱい」と感じる。もしかして病気なの?

唾液 しょっぱい特に何か食べたわけでもないのに、口の中または唾液がなんだかしょっぱいと感じる方。 もしかして何かの病気?と不安な方に唾液がしょっぱいと感じる原因をご紹介します。

口呼吸はデメリットがいっぱい。様々な体の不調の原因に!

舌 臭い口で呼吸していると、口や喉が乾きやすくなるだけでなく口臭、虫歯、歯周病の原因にも。また、顔のたるみや、ほうれい線、さらには睡眠の質にも影響します。口呼吸をするとなぜ体の不調の原因になるのか?詳しくご紹介します。

ヨーグルトで便臭と口臭を改善できるって本当?を徹底検証

ヨーグルト 口臭トイレを使った後の嫌な臭い。次の人が待っていると焦りますよね。また家の人に『トイレの後臭い』『リビングの空気が臭い』と言われたアナタ。 このままだと家族から嫌われて孤立してしまうかも。便臭、口臭にお悩みの方に腸内環境や口臭を改善サポートするヨーグルトの選び方をご紹介します。

いびきを止めたい!解消したい方にコエンザイムQ10は良い?

いびき 止める,いびき 解消いびきがうるさい!と家族に言われた方。いびきをなんとかしたいけど方法がわからないとお悩みの方に、コエンザイムQ10を活用してみてはいかがでしょうか?コエンザイムQ10の活用のメリットをわかりやすくご紹介します。

唾液がねばねばして口の中が不快。臭いも気になる。どうすれば良い?

唾液 ねばねば唾液がねばねばした感じで気持ちが悪い。おまけに口の臭いも気になってきて・・・。唾液ばねばねばしている方には、共通した習慣があります。 唾液がネバついてしまう原因と対策方法をしっかりご紹介します。