歯石自分で

  1. Kirei Labo TOP
  2. 口臭のQ&A
  3. 歯石は自分でとる事は可能?歯医者だと費用はいくら位かかる?

歯石は自分でとる事は可能?歯医者だと費用はいくら位かかる?歯についた石みたいなかたいものがついているからとりたいんだけど自分でとることができる?

歯石自分で

いつの間にか、やや黄色っぽいかたまりが歯にくっついていて見た目の不潔っぽくって取り除きたいけど、自分でできる方法ないかな・・・と考えている方もいるかと思います。

歯石は歯垢(プラーク)が固まったもので歯ブラシではとること難しいです。

歯石と歯垢(プラーク)の違いを簡単に説明すると、 歯垢(プラーク)とは歯の表面についたネバネバしたもの。細菌のかたまりで虫歯や歯周病を引き起こす菌が多く含まれています。

歯石は歯の表面にこびりついた黄色っぽいもしくは白っぽいかたまりです。歯石のついた歯の表面はざらざらしています。 文字通り石のようにかたまっているので、歯ブラシでは除去できないわけです。

この歯石は表面がザラザラしているので、ものが付着しやすく食べ物のカスや歯垢(プラーク)がつきやすくなります。

歯石をそのままにしておくと、その上に更に歯垢がつき、やがてそれが歯石となり歯がどんどん不衛生になります。

その歯石は自分でとる事ができるのか?もしくは歯医者で行った方が良いのか?を詳しくご紹介します。

1.歯石を自分でとることは可能?

歯医者に行くのが面倒くさいから自分でとりたいという考えの方もいますよね。

歯石取りにはスケーラーという器具を使います。 スケーラーは通販で買うことができます。

スケーラー

それとスケーラーを消毒する消毒液が必要です。

歯石を取る際は、鏡を容易します。口の中がしっかり見えるスタンドミラーや洗面台の鏡でもかまいません。

スケーラーの持ち方は3本の指(親指、人差し指、中指)でもって薬指と小指で歯を抑えて固定します。

スケーラーの持ち方

比較的歯石をとりやすい下の列の歯の表面から取り除くと良いです。

スケーラーを歯の根元に合わせて、上に1mm程度動かしていきながら歯石をとっていきます。 細かく繊細に動かさなくてはならないので集中が必要です。

誤って手がすべると歯ぐきやほほの裏を傷つけるおそれがあるので慎重に行います。

下の前歯の裏側は歯石が多くつくところなので、口を大きくあけて鏡で見えるようにし、歯ぐき側から上を動かしていきます。

歯石をとった後は、うがいを何回も行って歯石が口の中に残らないようにします。血が出た場合は、血がとまるまでうがいを繰り返します。

歯石をとった後は、1~2週間はいつも以上に念入りに歯を磨いてください。 歯ぐきがだんだんと引き締まってくるので、隠れていた歯石が出てきます。 その歯石を取って、しっかり歯を磨くことの繰り返しで歯石がとれてきます。

2.歯石を自分でとるのは本当に面倒

歯石を自分で実際にとってみるとわかりますが、中々歯石がとれず時間もかかります。

慣れない手つきで行うので、手先のミスが起こりやすくなり歯ぐきや歯を痛めてしまい、傷つけることで歯周病や口臭のリスクが高くなってしまいます。

私の知り合いの人も自分でやってみたところ、結局歯医者でやってもらっと方が早いし良かったと言っています。

中途半端な歯石の取り方になると表面のザラザラ感がのこってしまい、そこに歯垢がつきやすくなり、すぐに歯石が出来てしまいます。

歯医者では歯石をとるために超音波スケーラーという専用器具できれいにとりのぞいてくれます。

また歯医者はプロなので、歯と歯ぐきを確認しながら歯石をとっているので歯ぐきを傷つけることがなく、また歯ぐきが下がることがありません。

そして歯石がとりおわった後に歯の表面を滑らかにし歯石がつきにくい状態にしてくれます。

自分でやるのと、歯医者でやるのとでは雲泥の差があることを理解しておいた方が良いですね。

3.歯医者で行う歯石取りの流れ

歯医者で歯石を取る前に、まず歯周病や虫歯になっているかを確認します。

これは歯石をむやみにとってしまうと、例えば歯石によって歯周病が進んでいる場合、歯ぐきの痛みや腫れ、歯ぐきが下がってしまう原因になるからです。

私が通っている歯医者さんもまずはしっかりと歯の状態を確認し、虫歯や歯周病がある場合はまず先に治療を行い、治療終了後に歯石をとってくれます。

歯石取りは痛いと多くの人は思いがちですが、歯ぐきや歯が健康な場合は痛くありません。

ただ歯周ポケット深くに歯石があったり、歯の根っこに近いところにある場合はエナメル質がうすく、神経にも近いので痛みがあるケースがあります。

つまり歯石がびっしりついていると、歯石をとる時に歯の表面のエナメル質も剥がれてしまうため、刺激が神経に伝わってしみるような痛みがあるわけです。

ですから歯石は放置せず、早めに歯医者で取り除いた方が痛みがありません。

半年に1回程度、歯医者で診てもらえば痛みもなく歯石が簡単にとれます。 これは私自身も体験してよく感じています。

歯石取りが終わった後、歯がしみるような痛みがある場合、エナメル質が剥がれている証拠なので、エナメル質を再生する歯磨き粉を使うと、エナメル質の再石灰化が促されて歯の回復を早めることができます。

歯の再石灰化で良い成分は「ハイドロキシアパタイト」が有名。

これは歯と骨の主成分。これを薬用に開発し、1993年に旧厚生省から薬効成分として認可されています。

ハイドロキシアパタイトのナノ粒子が、歯の表面のミクロの傷を埋めて修復を行うのと同時に表面をなめらかにするので、歯垢(プラーク)や着色汚れをつくにくくしてくれます。

ハイドロキシアパタイト

また口内の細菌や食べ物のカスによる酸で、エナメル質からミネラルが溶けだします。このミネラルが溶けだすことを「脱灰」といって虫歯になりやすい状態になります。

ハイドロキシアパタイトは、その脱灰がおきた箇所を修復する働きがあるので虫歯の予防に役立ちます。

そのハイドロキシアパタイトが含まれる歯磨き粉の代表格の1つが「オーラパール」。

オーラパール

このオーラパールは、薬用ハイドロキシアパタイトの他に虫歯や歯周病、口臭の元となる菌を殺菌するために、9つの薬用成分が入っています。

市販の歯磨き粉のように磨くと泡立ってしまわないように低発泡にしており、歯磨きの途中で口をすすぎたくなる事がありません。

オーラパール1本で、エナメル質の再生を促してしみるような痛みを早く回復し、同時に虫歯や歯周病の元になる歯垢(プラーク)を除去し、歯石予防、虫歯・歯周病予防、口臭の予防にも役立ってくれる便利な歯磨き粉です。

もう一つありがたい事に、歯の黄ばみもとってくれるので、歯の色がきれいになるので、特に女性の方には良いと感じています。

私も実際に使ってここまできれいになりました。

オーラパール

オーラパールをどんなものか?知りたい方は、公式サイトがあるのでご覧になるとよくわかりますよ。

>>OraPearl(オーラパール)公式サイト

オーラパール

4.歯石とりの費用は?

歯石とりの名目は、虫歯や歯周病の治療ということになるので保険適用の場合は3,000~4,000円程度ですみます。

ただ治療を目的としているので、まず歯の状態を検査するのでこの他に「レントゲン代」や「検査料」と「初診料」が別途かかります。 なのでトータル7,000~8,000円程度みてもらえれば大丈夫かと思います。

私が通っている歯医者さんでは歯石とり4回と検査料、レントゲン代、初診料でおよそトータル8,000円位でした。

歯石取りはおおかた歯科衛生士さんが行ってくれます。

単に歯石をとるだけでなく、レントゲンで自分の歯並びがどうなっているか?それによりどう磨くと良いか、アドバイスも丁寧に行ってくれます。

私の場合は顎(あご)が小さいので、奥歯の歯並びが若干斜めになっている事がレントゲンでわかりました。

このタイプの場合は、こまかく磨いていかないと磨き残しが発生しやすいと歯科衛生士さんに言われました。

また歯磨きや歯ブラシはどんなものが良いのか?また歯と歯の間の汚れをとるフロスの使い方まで丁寧に教えてくれたので、自分で歯石をとるより歯科衛生士にやってもらった方が価値が高いです。

歯の正しい磨き方を教わったせいか、歯の表面も滑らかでつやつやになり、今では虫歯や歯周病、口臭にも悩まずにすんでいます。

5.歯石を予防するには?

歯石を予防するには、当然ですが歯磨きが基本です。

でもその歯磨きが間違っていると、残念ながら歯石はできてしまいます。

歯垢(プラーク)から歯石に変わるまでの時間は約48時間。その歯垢(プラーク)ができるのが約24時間。 つまりこの歯垢(プラーク)ができる24時間の間に正しい歯磨きでしっかり落とせば、歯石に悩むことがなくなります。

歯磨きの正しい磨き方は「歯周病は予防が大事!甘く見ているととんでもない事に!」リンクの3.歯周病を予防するには?にてご紹介しています。

歯周病は予防が大事!甘く見ているととんでもない事に!

歯周病 予防歯を毎日きちんと磨いていてもいつの間にか歯周病に! 歯周病は歯ぐきが腫れるだけでなく強烈な口臭の原因にも。 その理由と予防はどんな事を行えばよいか? 体験談をまじえてご紹介します。

磨き残しが心配な方は、歯ブラシ以外にデンタルフロスや歯間ブラシ、タフトブラシを使うと、しっかり汚れを落とすことができます。

タフトブラシ

特に歯と歯の間は歯ブラシだけではなかなか落とすことが難しく、6割程度しか汚れがとれません、歯間ブラシなどを使うと8割以上汚れがとれます。

歯間の歯垢除去率

是非使って見る価値ありです。

6.まとめ

歯石は自分でとることは可能ですが、難しい事がわかっていただけたかと思います。

歯石は痛みもないので放置しがちですが、これは細菌のかたまりです。

歯石がそのままたまり続けると、歯周病にリスクが高くなり歯ぐきの腫れ、歯の喪失、そして口臭がひどくなります。 見た目にも不衛生になるので、口の中を見えてしまった時に不快な思いをさせてしまいます。

歯石ができないようにするには、普段の歯磨きと最低半年に1回は歯医者さんでクリーニングをしてもらうと良いです。 歯の健康できれいだとそれだけで印象が良く見えます。 ぜひ歯石をとって、きれいな歯にしてください。


関連記事

歯周病は赤ちゃんに移る!お母さんのお口の状態大丈夫ですか?

赤ちゃん 歯周病 移る,歯周病 うつる 赤ちゃん成人の85%がかかっていると言われる歯周病。男性に比べて女性のほうが歯周病になりやすいという事実をご存知でしょうか?また歯周病は人に移る病気。大事な赤ちゃんを守る対策方法をご紹介。

口臭 対策は身だしなみと同じ当たり前のマナー。あなたは大丈夫?

口臭 対策口臭 対策は今や服装の身だしなみと同じ大人としてのマナーです。 特に仕事では臭いに対して厳しくなっています。 服装と同様、口臭ケアを行っていますか?していないとこんな問題が発生します。

口臭を治すよう、歯磨きしても3時間後には臭くなる。なぜなの?

口臭 治す口臭が気になる方は、普通の人より歯磨きをしっかりする傾向がありますが、それでも口臭が治らないと悩んでいる方が多いです。 なぜ歯磨きをしても数時間後には臭ってしまうのか?その理由と口臭を治す方法をご紹介します。

唾液がなんだか「しょっぱい」と感じる。もしかして病気なの?

唾液 しょっぱい特に何か食べたわけでもないのに、口の中または唾液がなんだかしょっぱいと感じる方。 もしかして何かの病気?と不安な方に唾液がしょっぱいと感じる原因をご紹介します。

ツンとした口臭がする。これって病気なの?

口臭 種類 ツン口臭には、色々な臭いがあります。どのような臭いがするかで原因をある程度絞り込む事ができます。 あまりにも強い臭いの口臭が出ているのでしたら、 もしかすると、体が発している病気のシグナルかもしれません。

口臭が「おなら臭い」とお悩みの方!それは腸内環境に関連!

口臭 おなら口の臭いがおなら臭い・・・。歯を磨いているのになぜおなら臭い口臭がするの? それは腸の環境が悪くなっているからです。 腸内環境が悪化すると口臭になる理由と、どんな人がおなら臭い口臭になるのか? また対策方法もご紹介します。

マウスウォッシュを正しく使っていますか?効果的な使い方をお教えします

マウスウォッシュ 使い方マウスウォッシュは虫歯や口臭予防のために使用している方が多いと思います。しかし、そのマウスウォッシュ正しい使い方をしていますか?正しいマウスウォッシュの使い方をご説明いたします。