口臭 歯磨き 方法

  1. Kirei Labo TOP
  2. 口臭のQ&A
  3. 口臭を改善するための歯磨きの方法を教えてください。

【質問】口臭を改善するための歯磨きの方法を教えてください。

歯みがきは毎日行っている人がほとんどです。虫歯になりにくくなるように磨いているとは思いますが、毎日磨いていても口臭が治らないのは歯磨きの方法に問題があるかもしれません。 虫歯予防はもちろんですが、正しい歯磨きの仕方を学べば口臭対策にもなります。

正しい歯磨きの方法

①鉛筆を持つ要領で歯ブラシを持つ

鉛筆を持つ要領で、親指と人差し指で優しく歯ブラシを持ちます。歯ブラシを強く握ると、歯への圧力が強まり、歯を傷つけてしまうので注意しましょう。 また歯茎を傷つけないように、歯ブラシは毛先が柔らかいものを選びます。

鉛筆を持つ要領で歯ブラシを持つ

②歯磨きのブラッシング方法

前歯の外側は、歯ブラシを横にして、歯並びに合わせて磨きます。

前歯の外側

前歯の内側を磨くときは歯ブラシを縦も持ち替えて先端部の毛先を使って磨きます。

前歯内側

奥歯の外側は、口を閉じ加減にし、歯ブラシを横にして歯並びに合わせて磨きます。

奥歯の外側

奥歯の内側は口を大きく開いて、歯ブラシを斜めに入れて磨きます。

奥歯の内側

奥歯の一番後ろも歯ブラシの先端部の毛先をあてて磨きます。結構ここは磨き残しが多い箇所です。

奥歯の一番後

歯と歯の間や歯と歯茎の境目などはプラーク(歯垢)が残りやすい部分です。歯ブラシを細かく動かすように意識しましょう。

また、歯と歯の間には、歯磨きだけでは取り除くことのできないプラーク(歯垢)が残っています。

プラークは歯周病や虫歯の原因となるほか、口臭も引き起こします。 次は歯間のお手入れの方法をご紹介します。

歯間ブラシを使って磨き残しをとる

歯間ブラシ

歯と歯の間(歯間)の歯垢はハブラシだけでは4割も磨き残しがあります。

歯間除去率

歯間ブラシは歯肉と2本の歯が作る隙間(歯間トライアングル、と呼ばれています)に歯の横から入れます。

歯と歯の間、ではなく「歯と歯と歯肉」の間の隙間に入れます。

下の動画を見ると使い方がよくわかりますよ。私も参考にさせていただき汚れをとることができました。

また歯間ブラシはI字タイプとL字タイプがありますが、I字タイプは前歯に使いやすく、L字タイプは奥歯に使いやすいのが特徴です。

I字タイプは樹脂のグリップ先端の突起部を曲げて使うとき自由な角度で曲げられるので、人それぞれの歯の状況に合った角度を作ることができます。

デンタルプロ歯間ブラシなら延長キャップがついていますのである程度奥歯の清掃もできますが、やはり楽に奥歯を清掃できるのは角度が一定しているL字タイプです。 L字タイプは操作に慣れてくると歯の裏側(舌のある側)からでも使えます。

歯間ブラシは5種類程度のサイズに分かれているので、自分の歯の隙間に合った サイズを選びが必要ですが、

「どのサイズを選んで良いのかわからない」という人は、 少し小さめ(細い)のサイズを選ぶと良いです。

また、使用後は流水で洗い、よく乾燥させるなど、歯間ブラシを清潔に保つことも 必要です。

マウスウォッシュを使う

マウスウォッシュ

口臭や虫歯の予防にマウスウォッシュを使っている人は多いと思います。

時間が無い時に歯磨きの代わりにマウスウォッシュだけで済ましている方がいるかもしれませんが、実はマウスウォッシュは歯磨きをしっかりと行った後に使わないと効果がありません。

歯ブラシで歯垢(プラーク)を除去した後にマウスウォッシュを使うことで、しっかりと殺菌することができますが間違った使い方をすると効果がありません。ここではマウスウォッシュのNGな使い方をまとめています。

1.フッ素入りの歯磨き粉を使った後は使用しないこと

歯磨き粉にはフッ素が配合されている商品が多くあります。 フッ素は歯を強くする効果のある成分なのですが、歯磨き粉を使用した後にマウスウォッシュを使うとせっかくのフッ素が流されてしまいます。

フッ素の入った歯磨き粉をお使いの方は、歯磨きの後はマウスウォッシュを使わない方が良いです。

2.1日何度もマウスウォッシュを使わないこと

マウスウォッシュにはアルコール成分の含まれた商品が結構あります。 このようなマウスウォッシュは1日に何回も使用していると、口内の水分を奪ってしまい、ドライマウスを引き起こしてしまう可能性があります。 ドライマウスになると口臭がキツくなったり、口内に細菌が繁殖しやすい状態になり、口臭が強くなってしまうので、逆効果になってしまいます。

マウスウォッシュは歯磨きの後に使うので1日に3回〜4回程度にしておきましょう。

3.歯茎からの出血がある場合は使用しないこと

歯磨きをした後に歯茎から血が出ている状態でマウスウォッシュを使うと傷口を刺激してしまい、悪化させてしまう可能性があります。

4.マウスウォッシュを使った後は飲食を控える

マウスウォッシュの効果を長持ちさせたい場合は、マウスウォッシュの直後には飲食を控えます。

せっかくマウスウォッシュで殺菌をしたのに飲食をしてしまったら、再び菌が発生しやすい環境になってしまいます。マウスウォッシュの意味がありませんので、少なくとも30分程度は何も口にしないのが良いですね。

5.マウスウォッシュでは舌苔はとれない

舌にこびりついた白い苔みたいなものを舌苔(ぜったい)とよび、細菌や汚れがたくさんついています。

舌苔はマウスウォッシュを使ってブクブクうがいしてもとれません。

舌苔が出来ている場合は、舌ブラシで落としてからマウスウォッシュを使うようにしてください。 くれぐれも歯ブラシで舌をこすってしまうと傷がついて炎症してしまい、かえって舌苔が悪化する可能性が高くなります。

まとめ

歯医者歯の正しい磨き方をすれば、歯の汚れをきちんととる事が可能です。

また歯間ブラシやマウスウォッシュを使えば、口臭はもちろん、歯の健康も維持できますので、是非実践してみて下さい。


関連記事

唾液がねばねばして口の中が不快。臭いも気になる。どうすれば良い?

唾液 ねばねば唾液がねばねばした感じで気持ちが悪い。おまけに口の臭いも気になってきて・・・。唾液ばねばねばしている方には、共通した習慣があります。 唾液がネバついてしまう原因と対策方法をしっかりご紹介します。

歯ブラシをしてもなんか臭い!どう口臭改善すれば良い?

歯ブラシ 臭い毎日、歯ブラシで磨いているけど、時間が経つと口の中が臭くなる・・・。 それには、理由があります。
口臭で悩んでいる方に、理由をお教えします。

口呼吸はデメリットがいっぱい。様々な体の不調の原因に!

舌 臭い口で呼吸していると、口や喉が乾きやすくなるだけでなく口臭、虫歯、歯周病の原因にも。また、顔のたるみや、ほうれい線、さらには睡眠の質にも影響します。口呼吸をするとなぜ体の不調の原因になるのか?詳しくご紹介します。

寝息が臭いと家族に言われたけどこれって口臭?原因と対策をご紹介

寝息 臭い寝息が臭いから何とかして!と家族に指摘された方、自分では口臭ケアをしているつもりなんだけど、中々改善できなくて困っている方に、なぜ寝息が臭いのか?その原因と改善方法をご紹介します。

息が臭い人と臭くない人、一体何が違うの?悩むアナタに違いを紹介

息 臭い歯を磨いているのに、なぜ息が臭いのか?口臭がすると、人と話す際に気になったりとストレスをかかえてしまいますよね。 息が臭くない人は、どんなケアをしているのか?を知りたくありませんか?そのポイントをご紹介します。